1月 | 2021 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ 2021年01月の記事一覧

2021年 1月 29日 この時期意識していたこと

 

周りがつぎつぎと春休みに突入する中、ぜんぜん春が来ない森です。

さて、今日は【この時期意識していたこと】について話そうと思います。

受験生のこの時期、私はひたすら「千題テスト」のテキストを使って日本史の復習を徹底的にしていました。

皆さんの中では、結構「千題テスト」はといたらおわり!と言う人は多いのではないでしょうか?

侮るなかれ、予想以上にこのテキスト、使えます。

まず、全範囲を網羅しているというところがいいです。

教科書や参考書なども全範囲はもちろん網羅していますが、ここまでコンパクトに、簡潔にまとめられているものはそうないです。

第二に、余白が多いということです。

自分がここが弱い、覚えていないと思う範囲の内容を自分で書き込んで暗記のテキストに仕立てることができます。

私は、日本史選択だったのですが、「一揆」に関する範囲がいつも点を取ることができず、困っていたのですが、

自分で室町から最後まで一揆の一覧表を作って暗記に生かしてました。結果から言えば、めっちゃ使えました。

第三に、自分のレベルによって使い方を変えることができるという点です。

空欄になっているところを完璧に暗記するだけで全受験生の平均点くらいはぜんぜん取れるようになりますが、

それに加えて空欄じゃない所を独自に緑マーカーなどを引いて空欄にすることで細かい知識も取り入れることができます。

思っているよりもこのテキスト、細かいとこまで書いてあります。

 

このようなことをやっていると、あっというまに「千題テスト」のテキストは自分専用のオリジナルテキスト(自分に弱点も分かるし、最低限全範囲網羅している最高のテキスト)が完成します。ちなみに私はこのめちゃくちゃ書き込んだ「千題テスト」のテキストを受験会場に持って行き、最後までこのテキストをみて確認作業をしていました。

覚えるのに役に立つし、何より書き込みの多いテキストを受験会場に持って行くと安心します。

いまからでも全然できるので、今いちど、テキストを復習してはどうでしょうか?

 

 

2021年 1月 27日 去年この時期に注意していたこと

こんにちは!

最近、部活の活動するキャンパスを変更しようとしている

千葉大学園芸学部1年の

星田遼太です!

1月もあと少し

共通が終わり

私大が徐々に始まってきました。

 

今日は僕が去年受験生だったときに注意していたことについてお話します。

①試験前日は翌日と同じ時間割で生活

(本番に強くなります)

②暗記系の科目(化学)は帰りの電車で復習して不明な点を完全に解消

(入試を受ける度に学力が向上します)

③試験前日だからといって特別なことはしない

(普段の自分のペースを崩さないため)

 

今の自分に不安がある受験生

まだ受験のイメージが湧かない1・2年生

は是非参考にしてみてください!

では、また来月

 

 

 

 

 

 

2021年 1月 26日 この時期大切にしていたこと(受験生)

こんにちは!

お久しぶりです!

担任助手の渡邉です。

共通テストの結果はいかがだったでしょうか?

結果が良かった人もいれば、あまり良くなかった人もいるかと思います。

しかし、結果が良かった人も悪かった人も

共通テストが終わって2次私大が始まっていくこの時期の勉強がとても大事になってくると思います。

そのため、今回は自分がこの時期に大切にしていたことについて話をさせてもらいます。

参考にしていただけるとありがたいです。

自分はセンター試験の点数がよくなかったため

気持ちを完全に切り替えて私大の勉強をひたすらにやっていました。

10年分解き終わった大学は2周目に入って

1回目にできていなかった問題ができるようになっている実感が湧いて

受験への自信につながっていきました。

また、過去問を解くだけになってしまうと基礎の部分が抜けてしまうと思っていたので、

あまり時間を取りすぎない程度に英単語や古文単語

文法を確認したりして細かいところの抜けがないか

チェックしていました。

この時期の勉強はとても大事になってくると思うので

共通テストの点数が良くなかった人も

気持ちを切り替えて受験を最後まで走り抜いてください。

応援しています!

 

 

 

 

2021年 1月 25日 【国立理系志望向け】今やるべきことは??

こんにちは!

村岡です。

 

最近大学の課題で期末試験の問題を作成せよというものがでて、最初は「余裕やろ」とか思っていましたが、

問題を作るためには全てを理解して言葉とかまで気を付けて作成しなければならないということに気づき、

教授を全力で尊敬しました。

皆さんも大学生になったら試験対策として自作の問題とかを作ってみるのもいい勉強になると思います!

 

 

さて、本日は国立理系志望向けに今やるべきことをお話します!!

 

 

国立理系志望の皆さんの試験本番は2月の25,26日ですが、

その間に私立の入試があります!

これからもちろん私大の過去問演習を中心にやっていくと思いますが、

私立の入試問題は記号で回答するものや答えだけのものも多いです。

そのため、二次試験に向けて記述対策を必ずやるようにしましょう!!

 

目の前の私立の対策だけをしているとあっという間に国立の試験日になっています。

1か月は長いようでとても短いので、記述対策をし、必ず添削指導をしてもらいましょう!

 

そして、もう一つのポイントは毎日二次試験で使う全科目に触れること!

私立の試験対策をしていると入試に使わない理科一科目や国語の能力がどんどん落ちていきます。

必ず毎日全科目学習し、二次試験に向けての対策も並行してやっていきましょう!!

 

みなさんが第一志望に合格できるよう、スタッフ一同全力でサポートします!

国立・私立の理系入試に関して、分からない事・相談等ありましたら村岡まで!!

 

 

 

 

 

2021年 1月 23日 そろそろ本番!!(私立)

おはようこんにちはこんばんは

 

いよいよ私立大学の

受験が始まりますね。

受験から3年が経ち、

年を取ったなーと感じています。

そして大学の課題おわったので

春休みです。が、自粛します。

松浦です。

 

私立理系大学志望者が今やるべき対策について

話していこうかなと思います。

 

私立(文理関係なく)受験者なので、

一科目でも苦手すぎると

差が開いてしまいます。

そうならないように対策してきてくれたかと

思いますが。

改めて今、苦手な科目は足を引っ張らないように

勉強していきましょう。

 

私立理系だと、

大学の問題で文法問題が

多く出ると思います。

なので過去問を通じてしっかりと

文法を復習していきましょう。

文法は暗記なことが多いので覚えていれば

取れる問題があるので、やりましょう。

 

それ以外の数学・理科・英語長文

などは忘れないように、毎日触れる。

そして過去問解く、復習する。

その繰り返しです。

ひたすらがむしゃらに

というのも大事ですが

しっかりと自分に足りない物を

考えながら、勉強時間を今まで以上に

確保して頑張っていきましょう!!

 

そして、体調管理には気を付けて!

 

何かあれば担任助手まで。