校舎の様子 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール新浦安校 校舎長 野田 隆広

当HPをご覧いただき誠にありがとうございます。東進ハイスクール新浦安校・校舎長の野田隆広です。
第一志望校合格は努力なしではありえません。努力し続けるにはその原動力となる夢や志と、どんな困難に遭遇しても屈しない精神力が必要です。しかしこれらは決して受験のためだけに必要なものではありません。むしろ大学受験を乗り越え、憧れの大学生になった後、一層皆さんに必要とされる人間力です。
だから東進ハイスクールでは大学受験指導を通じて「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」を育てています。大学受験は厳しい世界です。思い通りの結果が出ることもあれば、時には挫折を経験することもあるでしょう。しかし第一志望校を目指して日々ひたむきに努力した経験は、大学進学後も決して色褪せることなく、皆さんの人生にとってかえかげのない財産となります。大学受験を通じて、自分の夢を叶えながら、周りの人々を幸せにする、そんな人財になってほしいという思いで受験指導しております。

 

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

及部 愛実 さん 東京大学文科二類
市川高校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクール新浦安校 OG
及部 愛実 さん 東京大学文科二類
担任助手として一言
こんにちは!担任助手の及部愛実です。「受験勉強=辛いもの」と思っている人いませんか?実はそんなことありません。私は東進ハイスクールで楽しみながら受験を乗りきることができました。楽しむために必要なものは2つ。第一志望合格への「決意」と切磋琢磨できる「仲間」です。東進では第一志望合格にこだわるサポートと、刺激しあえる仲間に出会えます。私も、東進のコンテンツや仲間の存在が東大合格につながりました。みなさんが第一志望に合格し、最後に笑えるよう、お手伝いさせてください!
宍倉 健太 くん 千葉大学教育学部中学校教員養成課程/理科教育分野
千葉県立船橋高校 卒 サッカー部 東進ハイスクール新浦安校 OB
宍倉 健太 くん 千葉大学教育学部中学校教員養成課程/理科教育分野
担任助手として一言
こんにちは!担任助手の宍倉健太です。私は受験勉強を通して目標を達成するために計画を立てて勉強していくことの大切さを学ぶことができました。経験したことのない大学受験に向けて初めは不安しかありませんでしたが、「合格設計図」を作成し、第一志望に合格するために何が足りなくて、何が必要かを考えて行動することが出来ました。そのおかげで自分を分析することで焦らずに勉強することが出来ました。自分の受験の経験を生かして皆さんのサポートをしていきたいと思います。これから勉強していくなかで悩むことや辛いことがたくさんあると思いますが、一緒に頑張りましょう!
竜田 梨央 さん 早稲田大学文学部文学科
千葉県立薬園台高校 卒 バレー部 東進ハイスクール新浦安校 OB
竜田 梨央 さん 早稲田大学文学部文学科
担任助手として一言
こんにちは!担任助手の竜田梨央です。私は受験勉強の中で、最後まで信じて努力することの大切さを学びました。成績が好調に伸び続けたタイプではありませんでした。辛くてやめたくなるときも沢山ありましたが、それでも続けた努力は、最後には自分の強みになりました。努力した結果は、その瞬間すぐではなくても、どこかで必ず実を結ぶのだと知りました。この時の経験を生かし、皆さんの受験を全力でサポートしていきます。最後に思い返して悔いが残らない受験になるように、一緒に頑張りましょう!

→もっと見る

森田 総 さん 早稲田大学商学部
千葉県立薬園台高校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクール新浦安校 OB
森田 総 さん 早稲田大学商学部
担任助手として一言
こんにちは! 担任助手の森田総です。私は受験勉強を経て、最後まで諦めずに努力すれば遠い目標でも必ず成し遂げることができるということを学びました。私の出身高校は文化祭などの学校行事がとても盛んで、本格的な勉強は3年の秋からになってしまいましたが、徹底した効率重視の勉強法で目標を達成できました。受験勉強では多くの知識や経験を得ることができたので、それらを最大限に生かして皆さんを全力でサポートしていきます。辛い時もあるとは思いますが、一緒に二人三脚で頑張りましょう!
山﨑 龍治 さん 東京理科大学理工学部機械工学科
中央大学杉並高校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール新浦安校 OB
山﨑 龍治 さん 東京理科大学理工学部機械工学科
担任助手として一言
こんにちは!担任助手の山﨑龍治です。自分は高校3年間をこの東進ハイスクール新浦安校で過ごし、大学入試のための学力だけではなく、夢・目標に向かって全力で努力する楽しさを学びました。なかなか成績が伸びずに悩んだことや目標の大学までの道のりの遠さに目がくらんだこと。受験生時代は何度も挫折することがありましたが、すべてがいい経験だったと思います。そのように思えるのも本当に目標に向かって全力で努力した結果だからだと思います。これからは皆さんが成長できるよう精一杯サポートしていきます。一緒に頑張りましょう!

校舎イベント紹介

塾内合宿

塾内合宿

新浦安校の塾内合宿では、英単語を300個覚える取り組みなどを行っています。その塾内合宿の中では、英語のしりとりなどのゲームを行うレクリエーションなども行います。そのため、チーム対抗戦などで、今まで知らなかった東進の友人が出来たり、一緒に切磋琢磨する友人ができ、わきあいあいとお互いに刺激しあいながら、楽しく単語を覚えたり、文法を覚えることが出来ます。「みんな、単語を300個覚えよう」などと、大きな目標を掲げ塾内合宿に参加し、長い時間をかけた合宿を終えた達成感とともにみな、自宅に帰っていきます。

生徒向けホームルーム

生徒向けホームルーム

新浦安校では、毎月生徒にホームルームを行っています。ホームルームは高3文系、高3理系、高1・2生と対象を分けて実施しており、生徒に必要な情報を伝えていきます。内容としては、その時期に特に意識してほしいことや、知っておいてほしい旬の情報を話していきます。また、先輩の勉強法など身近に実践できる情報も随時お伝えします。毎月継続して参加することで、志望校への正しい道のりを歩めるだけではなく、モチベーションアップにも繋がります。周囲と切磋琢磨し、生徒が頑張れる環境を整えています。

特別公開授業

特別公開授業

東進の授業は通常t-POD授業で行われますが、年に数回行われる特別公開授業では、講師が新浦安校で授業を行います。講師の先生は、授業をするだけではなく、最近の入試の動向や英語の学習の方法、今英語を学ぶことが将来どのように繋がっていくのかなど、受験の先にある将来をイメージ出来る大きな話もしてくれ勉強へのモチベーションも上がります。特別公開授業は東進に通う生徒だけでなく、東進を知らない高校生も東進の授業を体験出来る機会となっています。大変盛り上がり、会場は毎回満席になるほどの人気イベントの一つとなっています。皆さんもぜひ新浦安校の特別公開授業にいらしてください!

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。