記述模試は受けるべきか受けないべきか | 東進ハイスクール 新浦安校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 5月 11日 記述模試は受けるべきか受けないべきか

 

こんにちは!最近アメフト部に入って大忙しライフに変わった金子祐大です。

みなさん、米式フットボールをご存知でしょうか?今日は漢のスポーツ、アメフトの魅力について話したいと思います!!

 

嘘です。今回は記述模試について話したいと思います。

みなさん、早慶上理・難関国公立大模試、全国有名私公大模試が直近にあります。積極的に受けるようにしましょう!!

なんでか気になりますか?理由は二つあります。

 

①まず一つ目は記述模試ではマーク問題以上に深い理解が必要になってきます。実際に模試を受験をするだけでは、全範囲の

深い理解を得ることは不可能ですが、こんな感じで覚えればいいのかと要領を得ることができると思います。

復習をしっかりやることで記述さえもできる知識力をつけてみてください!

実際に去年国公立志望の先輩は国公立だけではなく多くの私立大学の合格を掴んでいたので

私立志望の方も記述使わないしな、と思いながら受験するのではなく、なんとか自分のものにしようと考えながら

挑戦してみてください!!

 

②マーク模試では測れない力が発揮されるかもしれません!

マーク模試と記述模試では性格が大きく違います。向き不向きがわかったり、より深い理解があるけども

計算能力のなさから共通テスト模試が取れないという人は多数例年存在します。

そういった人はこの模試で優秀な成績を取れるはずです。なので今の実力上何が足りないか、

いつもとは別の視点から自分の分析ができます!

 

他にも受験するメリットはあると思いますが、是非ともいいことづくめなので受けてみてください!

低学年の方もぜひぜひ挑戦してみてください埋まっていた才能が開花するかもしれません!!

それだはみなさんこれからも毎日頑張ってください!