インドでなにしてきたの? | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2019年 3月 31日 インドでなにしてきたの?

おひさしぶりです。

インドから帰ってきました。

無事日焼けしてきました。

中西です。

 

インドに何しに行ってたの?

ということで今日はインドでの話をしたいと思います。

 

まず、なんでインドにいったのか。

私は大学でボランティアの

サークルに入っています。

そもそもなんでボランティアに入ったのか。

きっかけは、

友達に誘われた。

活動内容に惹かれた。

同じ建築学部の先輩が多かった。

といった感じです。

このサークルの活動内容は

【海外の貧困地域に家を建てる】

でした。

大学生の時に家を建てる機会なんて

絶対無いな、

しかも海外に行ける!

楽しそうだなと思って入りました。

高校まではボランティアとは正反対の

人間で、部活に熱中してました。

けど大学でいろんなサークルがあることで、

視野を広げたいなとも思って、

入ってみたら案の上というか思った以上に

いろんな考えを持った人や

いろんな経験をしてきた人

など普段関わらない人との出会いで

かなり視野が広がりました。

 

そして1年生の春休み、ベトナムに

2年生の春休みにインドに行って、

家を建ててきました。

 

 

そこでは、

家があることが当たり前でない人たちと

話す機会がたくさんあり、

家があって働けることが

どれだけ恵まれていて、

安心して暮らせる家あることが

どれほどしあわせか。

将来建築に関わる人間として

このような意見が聞けることは

自分にとっていい経験になりました。

約2週間インドに行っていて、

現地ではワーク活動を行った夜、

チームでmtgなどをすることで

それぞれが感じたことや考えを共有でき

さらに有意義なものになりました。

 

なにが言いたかったかというと

何をするにしても

最終的には

『経験』になるわけで

大学受験もそうです。

受験に失敗しても成功しても

それぞれの『経験』になる。

それだったら誇れるような『経験』

にしてみてほしいなってことです。

人に伝えるための受験じゃないけど、

あんなことやこんなことあって

つらかったり不安だったり

悩んだこともあったけど、

乗り越えて頑張って、

第一志望に合格した!

そんな大学受験を『経験』した人は

今後多少の辛いことは

簡単に乗り越えられるはずです。

現役大学受験の勉強ができるのは

人生で今だけです!

悔いのないような受験にしてください!