国語が苦手な人へ✎ | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2019年 3月 9日 国語が苦手な人へ✎

こんにちは!竜田です。

おとといスカッシュの合宿から帰ってきてから昼の二時まで寝続けてました、、

なんかまえのブログで生活リズムをただすみたいなこといったんですけど、
改善が見られてないですね^_^;誰かに怒られないとだめそう^_^;

 

さて、話は変わりますが

みなさん、国語は得意ですか?

英語や日本史世界史の話はよくされるのですが、国語に注目したことがないなあと思ったので
今回は国語について話したいと思います(^^)

よく、英語はめちゃめちゃ得意だけど国語が全然とれない人っていますよね。

逆に、英語が苦手で国語が得意な人もいますが、そういう人は必死に英語の勉強をしているのに

国語が苦手な人って、はじめからその対策をあきらめている節がありませんか?

ほんとにもったいないです!

国語がセンスなわけがない!…とまではいいません。

今まで積み重ねてきた読書量や、文章が好きかどうかも、
現代文においては多少関係する部分もあると思います。

でも入試において、苦手科目があるということは致命的です。

英語と選択科目でこけることが許されないハードモードな受験をすることになってしまいます。。

だから、国語も、英語を勉強するみたいに一生懸命勉強しましょう!

…といわれても、何をすればいいの?と思うかもしれません。

まず点数を安定させるために手っ取り早いのは古文と漢文です。

古文は英語と同じで、覚えるべきことをきちんと覚えれば必ず点数があがります

まずは英単語をやるのと同じように、古文単語を1日何個やるか決めてやりましょう。
今持っている単語帳でもなんでもいいので、とりあえず一冊を完璧にしてください。

そして、古文文法をひたすら唱え続けて覚えます。
おぼえられない!という人がよくいますが、あれはただただ声に出し続けて丸暗記するしかないです!
それは気合と根性で絶対できます。やりましょう!

漢文は、参考書に載っている例文をすべて暗記すればいいです。

古文漢文は暗記の部分が大きいので、やれば必ずあがります。

まずはやればあがる古文漢文からがんばってみませんか?

現代文は一朝一夕であがるものではないので、
長い時間をかけて受講したものの復習を必ずするように心がけること。

伸びないからといって諦めてやめてしまわないこと。
これだけをかならず守ってほしいです。

やればできるものを国語とひとくくりにしてやらないのはもったいないです。

英語ももちろん大事ですが、国語をおろそかにしないようにしましょう!

なにか悩むことがあればいてでも相談に乗るので、気軽に声をかけてください✿