受験生のみんなへ | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2020年 2月 12日 受験生のみんなへ

こんにちは。

マクロ経済学という授業で、

全868ページの教科書を読まされ死んでいる及部です。

 

今日は私自身が受験を経験して、

何人もの受験生を見てきて、

考えていることを伝えたいと思います。

 

「今、受験勉強楽しいですか???」

 

そりゃ辛いですよ。

 

センターなんて大失敗だし、

併願校なんて全然進学したくないし

なのに問題難しいし、

二次の英語は時間足りないし

日本史は覚えてないことだらけだし

地理なんてやったことない地誌出たら終わりだし

数学だっていまだに因数分解の計算ミスするし

朝7時には高校にいて、夜から東進にも行って。

夜ご飯は西船橋駅のホームで

赤本を見ながらおにぎりを頬張る。

こんな日々をあと何日過ごしたら、

あとどれだけやれば終わるんだと

もう諦めたくなってしまうことが

何度もあると思います。

実はこれ全部私のつぶやきです。

 

 

「どうせ及部さんは余裕だったんでしょ」と言われますが、

実はそんなことないんです。

10月の東大模試でE判定。絶句。

センター終わって一週間後の東大模試で、C判定。

同じ校舎の同じ志望の人はA判定をとっていました。

その1月の模試で、まだこんな答案を書いていました。

計算ミスで20点中4点。

 

辛くないわけがなかろう!!!!!

親や学校からの期待、

友達に言えない合否、

誰とも分かり合えなくて

孤独を感じるかもしれない。

 

 

でもこれ、誰もが通る道なんです。

試験本番の緊張、眠れない前日の夜。

東進のスタッフもみんな通って来た道です。

 

この受験という道には

自分で意思決定を下す瞬間がたくさんあります。

「今日はもう帰ろう」

「今日は早起きしなくていいや」

くらいの小さなものから、

「この大学受けよう」

「この学部は受けるのやめよう」

など大きなものまで、

たくさん”決定”するタイミングがあります。

 

そしてそこには

「ここで踏ん張れたら勝ち」

という岐路が

たくさんあるように思います。

 

そこで踏ん張れなくなりそうな時、

もう一度この問いを、

今度は自分で自分にしてみてください。

 

「今、受験勉強楽しいですか???」

 

回答用紙は教授へのラブレターです。

みんなは何年も何ヶ月もかけて

ラブレターの書き方を学んできたわけです。

 

ラブレター書く時ってどんな気持ち?

きっと緊張して、ドキドキして、

でもそれよりワクワクしてるんじゃないでしょうか。

 

受験だって同じです。

ラブレター書いてる時に、楽しんでない人いないっしょ。

 

“努力は夢中に叶わない。”

 

この言葉はおそらく本当です。

夢中になったもんがちです。

戦略性、冷静さも備えつつ

夢中になろう。がむしゃらに走ろう。

 

一番のサポート役ですが

個別試験の前に私たちスタッフは無力です。

当日の朝駅で応援することまでしかできません。

(2/25,26の朝駅行くよ!!)

 

そこから先は、

本当に一人の戦いです。

酸いも甘いも全部噛み締めて

楽しみながらラブレター書き殴ってきてください。

 

人生は、土俵際が面白い。

 

 

 

 

過去の記事