受験を終えた君へ | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2019年 2月 21日 受験を終えた君へ

こんにちは!

じわじわと近づいてきている花粉に

おびえている及部です。

 

まだ受験を控えている人は

是非終えてから読んでほしいです。

 

そろそろ受験を終えた人も

増えてきたかと思います。

 

とりあえず皆さん

お疲れ様でした。

 

時に厳しいことを言ったり、

一緒に一喜一憂したりして、

皆さんの頑張りを

一番近くで見てきた助手として

皆さんは本当に、誰一人残さず、

頑張ったと思います。

 

人生最大の挑戦に思えるような

漠然とした

”受験”という壁に

立ち向かう姿は

とてもかっこよく、

こちらもパワーをもらっていました。

 

でも受験は、やはり残酷なものですね。

 

見事進学先が決まった人も

もう一年頑張ろうと決めた人も

さまざまな思いを抱えていると思います。

 

少し長くなりますが、

東進を卒業しようとしている皆さんへ

最後のメッセージを伝えたいと思います。

 

2011年、米国デューク大学のキャシー・デビッドソン教授が

『Now you see it』という本を出版しました。

そこで次のように述べています。

 

“65 percent of children entering grade school this year will

end up working in careers that haven’t even been invented yet.”

 

(訳 今年小学校に入学する子供たちのうち65%は、

今はまだ存在しない職業に就くことになるだろう。)

 

「Now you see it(,now you don’t.)」という題名は、

手品において「ほら、消えました!」

という意味をもっているようです。

 

ハンカチで包んだ指輪が消えるマジックのように、

これまであった職業がなくなっていく。

 

ものすごい勢いで変化していく社会の

転換期に立っていると言っても

過言ではありません。

 

「○○大学○○学部」という

いわば“ラベル”闘争

一旦終えた皆さんは

ラベルに甘んじることなく

成長し続けて欲しいと思います。

 

 

進学するかもう一年頑張るか迷ってる皆さん、

後悔しないほうを選択してください。

自分は、

迷った時は難しいほうを選びます。

 

 

もう一年頑張る決意をした皆さん、

これまで支えてくれたたくさんの人に

感謝の気持ちと

もう一度投資してもらう、応援してもらうという旨を

きちんと伝えましょう。

 

 

進学を決定した皆さん、

これまでの感謝と自立を

しっかり伝えましょう。

 

 

最後まできちんと締めて、卒業してください。

 

 

 

受験、お疲れ様でした。