受講の真髄 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2018年 12月 25日 受講の真髄

おはようございますこんにちはこんばんは

 

夏休みが長かった分
冬休みが6日間しかないみたいです。
周りが休みのときに学校あるのってしんどいですね

 

 

どうも~担任助手の川上宙です。

 

早いものでもう年末ですね

年賀状や大掃除で忙しいと思うのですが

 

勉強

 

皆さんしてますか?

 

最近、校舎に来て勉強をしている高1.2生が減ってきて

悲しいです

 

「悲しい」のも来てほしい理由の一つではありますが

本日は毎日校舎に来て受講をする理由を伝えたいと思います!

 

其の一

毎日受講することで内容の定着がはかどる!

 

 

突然ですが問題です

 

A「明日単語テストだー、とりあえず今日100個覚えて寝るか」

Q、A君が次の日覚えている英単語はどれくらいでしょう?

 

①70

②50

③30

 

正解は…

 

③の約30単語なんです!

 

 

下の図をみてください

 

これはエビングハウスの忘却曲線というものです。

 

人間の記憶はそこまで優秀ではなく

復習などを全くしなかった場合次に日には30%しか覚えていないんですね

そのため受講を「昨日やったからまだやんなくていいやー」

と言って復習も何もせずに一週間過ごしてしまったら

もうその受講は意味のないものとなってしまうんです!!

 

ある受験生の受講状況です

やっている人はこれくらいやってます。

全員ここまでやれ!

とはさすがに言いませんが

毎日登校・毎日受講

はこれからはやっていきましょう!

 

 

其の二

受験勉強の先取りができる!

 

現在皆さんが主にやっている講座としては

英語長文であったり

数学の基礎の部分であったりだと思います。

 

しかし、受験本番で使うものは

日本史や化学などの選択科目となってます。

 

これらの対策や英語のよりレベルの高い長文、

古典などやるべきことがたくさんあります。

 

今から残り一年しかない中で

後でやっとこーとやらずにずっとやっていたら

気づいたら受験生という風になってます。

 

せっかく早くから東進に入って周りよりも早くから

スタートダッシュを決めているので

そのアドバンテージを最大限に生かしましょう!