モチベーション維持法ver.4 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2019年 6月 29日 モチベーション維持法ver.4


 

 

 

皆さんこんにちは

 

担任助手の岡村です。

 

今日は以前、山﨑先生や松浦先生がお話しになってくれた

モチベーションの維持法

に関して引き続き自分の方からお話しさせていただきたいと思います。

 

まず、自分の高校生時代のモチベーションについてお話さていただきます。

 

自分は常に周りの存在を意識していました。

 

すごく簡単なことです。

 

例えばあなたが疲れて1時間寝てしまったとします。

 

そのとき周りを見渡してください。

 

周りにいる人はあなたが寝ている1時間の間に勉強していたのです。

 

あなたと周りの人との間には1時間分の差が出来ました。

 

試験までの残り時間はみんな平等です。

 

この1時間を積み重ねることが

 

どういう結果につながるか皆さんなら分かりますよね?

 

周りの存在を意識しすぎることは良くないですが、

 

自分が休んでいる間に頑張っている人がいることは常に意識してください。

 

また、

誰かを目標にしたり、絶対に負けたくない相手を作る

ことも良いと思います。

 

自分は同じグルミでサッカー部に所属していた友達を常に目標としていました。

 

彼は自分が野球部を引退した後もサッカー部を11月まで続けていました。

 

それでも、自分より点数が良かったので自分は彼には負けたくないと思い

 

彼が東進で勉強しているときは絶対先に帰らないように意識していました。

 

ライバルを見つけると勉強量も自ずと増えます。

 

勝てたときの喜びも半端ないですよ。

 

グルミでは特に見つけやすいと思うので

 

探してみてください。

 

モチベーションの維持法がどうしても見つからないときは

担任助手に相談しに来てください!!