なんで過去問演習10年分やるべきなのか? | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2019年 9月 11日 なんで過去問演習10年分やるべきなのか?

 

 

みなさんこんにちは

こないだ家を出た瞬間に雷が鳴り始め

背がでかい僕は危険を感じ、

真っ先に家に戻りました須崎です。

さて、

夏休みはみなさん過去問演習を充分にできましたか?

充分とは?

10年分です。

10年分って意味あるの?

問題形式ちがくない?

そう思っているあなた、

甘いです。

過去問には学校が大事にしている特徴、

傾向が一貫してあります。

しばらく出ていない問題が出て来たらどうしますか?

後悔しませんか?

10年分しっかりとやってくるライバルがたくさんいます。

今のままで勝てますか?

受験勉強に妥協は一切いりません。

いるのか、いらないのかわからない。

そういう場合は

やるべきです。

実際、

10年分をしっかりとやった人の方が

合格率が高いというデータもあります。

過去問を10年分やった君は

まちがいなく

その学校の傾向と対策がつかめているに違いない

大学受験において

学校の特徴、問題傾向をつかむことは

なにより合格に1番近づきます

過去問演習で大切なのは、

問題ごとに一喜一憂することではなく、

傾向をつかむこと

傾向を掴むには10年分、

いや10年分以上やることは必要条件である。

頑張れ受験生!!