過去問演習講座とは、、、? | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2015年 5月 30日 過去問演習講座とは、、、?

 

こんにちは!!

ブログを書いている今高校の後輩たちが

総体の初戦を迎えていて

そわそわしています渡辺です(+o+)

毎度毎度自己紹介長くてすいません(笑)

 

今日は夏休み終了までに

取り組むべきことについて紹介します。

 

その①

通期講座の受講終了

 

これは必須条件です。

受講をずるずると引きずると

直前期の過去問を解く時間が

なくなってしまいます。

早期終了を心がけましょう。

 

その②

高速基礎マスター

(英単語センター1800、英熟語750、英文法750)

の完全習得

 

やはり最終的に一番差が出るのは英語です。

時間がある夏のうちに

高速基礎マスターを完璧にして

差を広げましょう!

 

その③

確認テスト、中間テスト、終了判定テスト

をSSにする

 

SS判定とS判定の差である

90点と80点の差は

たかが10点、されど10点です。

これが例えば10講座分

積み重なったと考えてみてください。

100点分の差がつきます。

差がついてからでは遅いです。

差を作らない努力をしましょう。

 

そしてそして本日のメインイベント!!

その④

センター過去問演習講座

 

みなさんセンター過去問演習講座の存在は

ご存じでしょうか。

 

説明しますと、読んで字のごとく

センター試験の10年分の過去問と

その解説授業のはいった講座です。

 

もうすでに聞いたことのある生徒も

いると思いますが、

みなさんは夏休み中にこの過去問を

10年分3周やっていくことになります。

 

なぜ3周もやるかといいますと、ズバリ!

自分の弱点を洗い出し、

センター試験の出題傾向に慣れ、

時間配分を体にしみこませるため

です。

 

この10年×3という数字は

侮ってはいけません。

実際

昨年第一志望校に合格した人のほとんどが

この10年×3を終わらせていました。

 

そして、過去問を解くだけでは

この講座をとっている意味がありません。

この講座の醍醐味は

解説授業があることです。

 

解答集だけでは得られない情報を

プロの先生の口から得ることができ、

理解したつもりで放置するという事態が

なくなります。

 

また、経験豊富な講師の方々に

解くときのコツが教われたりと

この講座をとっているからこそ

得られるものが多くあります。

 

センター過去問演習講座を

とっている人だけの特権を存分に利用して

8/26にある

第4回センター試験本番レベル模試

Bライン突破を目指しましょう!!

 

そして最後に

数学が苦手な人への朗報があります。

 

なんとなんとなんと

6月18日(木)に数学の救世主

志田晶先生

新浦安校にやってきます!!

 

 

志田先生は

公式の仕組みを徹底的に証明してくれるため

丸暗記にならず、

数学への苦手意識は

吹っ飛んでいくと思います。

ぜひ参加してみてください(^^)

 

詳しくは↓の画像をクリック!

 

 

 

過去の記事