高1、2年ここからどう勉強する?(文系) | 東進ハイスクール 新浦安校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 11月 12日 高1、2年ここからどう勉強する?(文系)

みなさんこんにちは!担任助手の中島です👍

時間が経つのはあっという間ですね。もう11月の半ばになってきました⛄️

干し芋は12月が一番ピークということを知っていましたか?🍠

干し芋箱買いにずっと憧れていたので、

今年こそはゲットしようと思っています。

好きなものを食べると元気がでるので好きな食べ物と共に勉強頑張りましょう💪

 

今日はあと少しで2022年が終わり、

学校での学年が上がるまでに何をすべきなのか

についてお話ししたいと思います!

 

 

まだ高3じゃないからと言って、少し怠けていたということはありませんか??

受験勉強は早く始められれば始められるほど良いのは当たり前ですが、

まだ大丈夫と言ってゆっくりしていませんか??

もうそんな言い訳はできない時期に入ってきましたよ現高校2年生の皆さん!

1月14、15日の共通テストまであと一ヶ月しかありません。

ここでどれだけ取れるかが一年後にどのレベルまでいけるかを分ける

と言っても過言じゃありません。

受験生になるまでにできることはたくさんありますが特に重要だと思うのは

英語の大大強化です。

今までに何回も英語は命と文系は言われていると思います。

ですがわかっているけど苦手という人が多いのではないでしょうか。

英語は中学生の頃から長年やっているのになかなか身につかない、

難しい科目だと思います。

ですが文系受験者にとって英語は本当に命です!!!!

逆に長くゆっくりと勉強していたからこそ、

習った文法、単語、熟語がちょこちょこ抜けていってしまい

常に不完全な状態になってしまうのです。

この不完全な英語から脱却するためにはこの冬休み、春休みを贅沢に使って

短期集中英語特訓を行えば英語が得意な状態で新学年を気持ちよくスタートできます!

 

最近の受験では

4技能英語試験(英検)・TOEIC・TEAPの需要がとても上がっています。

立教大学の一部の試験方式では準一級で

満点換算というように「英語制するもの、受験を制す」という感じです。

なので英語が苦手な人は時間があれば英語、

暇があれば英語

でこの期間を過ごしましょう!

 

低学年のうちの方が、受験生に比べ遥かに差が開きやすいです。

受験生は誰しも勉強を頑張るからです。

ちゃんとやっている人は大きく成長し、受験生になっても周りと差をつけられます。

一方、この時期怠けて勉強をせずにいるとどんどん下がり、

周りと差をつけられ、

受験生になった時にトップランナーに追いつくのは結構大変になります。

後で後悔してしまうでしょう🔮

脅すような感じで言ってしまいましたが、

私も受験を経験して本当に思い知らされました。

一度経験してみないとピンとは来ないと思いますが、後悔を経験したいですか?

後悔はもちろんいいものではありません。

なので今怠けて後から後悔し、「時既に遅し」となるよりも、

今頑張って学習週間を構築して

キラキラした自信に溢れる未来をゲットする方がいいですよね!

まだ受験まで時間はあります。ですが時が経つのはあっという間です。

自分がいきたいと思う第一志望校を最後まで諦めずに努力できる時間にしてください!!

悩みなどがあれば担任、担任助手にジャンジャン相談してください!

精一杯サポートします💪