私から伝えたいこと | 東進ハイスクール 新浦安校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2021年 10月 24日 私から伝えたいこと

 

こんにちは

担任助手の渡邉です。

いつもはテーマが振られるのですが、

今回は自由となったので私から伝えたいことを伝えさせてもらいます。

 

自分は現在、大学で教育学を学んでいます。

そこで学んだのは、教師が求められていることは、

生徒が学習意欲が上がる学習環境を作り上げる

ということです。

その中で学習意欲というのは周りの環境に影響を受ける

と言われています。

周りの友人と一緒に学習をすることで学習意欲が向上するということが

証明されています。

 

私がここで何を言いたいかというと、

もし勉強のやる気が出ないという時は

学校や東進など周りの人たちが勉強している環境にあえて身を置いてみてください。

そうすれば自然とやる気が出ると思います。

 

また、受験勉強は一人でやるものではない

と言われることがあります。

これも周りの人たちがいるからこそ、

影響を受けて勉強のモチベーションになるということを

言い表しています。

 

もしやる気が出ないというときは、

あえて勉強するべき環境に身を置くことで勉強のやる気を出してもらいたいと

思います。

 

ですが、この時期になってくると受験生は勉強のやる気があればいい

という問題ではなくなってきています。

まず、必要になってくるのは第一志望校をしっかりと確実に

決定することです。

ここが決まらないと、どんな勉強をすればいいのかが

大きく変わってきてしまいます。

その大学に自分は行きたいんだという気持ちが最も強いところ

そこを第一志望校にしてもらえればと思います。

 

そして、それが決まれば

その大学の過去問を解いて分析をし、傾向を掴み

対策をしていきます。

ですが、何を使って対策をすればいいのか

わからないという人もいるかもしれません。

そこで生徒の大半の方達がやっている志望校別単元ジャンル演習があります。

今の進み具合というのは、

人によって異なります。

もう100%終わっているという人もいれば、

まだ開始ができていないという人もいると思います。

 

開始ができていないという人は、

せっかく対策のために取得したものを

時間がなく、それを活かしきれずに受験を迎えてしまうのは

もったいないと思いませんか?

できる教科からでもいいので早く始めて

無駄になることはありません。

始められる教科からブログを読み終わって

すぐに開始してみてください。

 

また、開始をして何問か演習をしてみて

全然解けずに諦めようとしている人もいるかもしれません。

その状態でいくら演習を積んでもできるようになることは

ないと思います。

大事なのは、そのできない単元をどのようにして

できるようにしていくかです。

解いてみて、あまりにもその単元ができないとなれば

もう一度その部分の授業を受けたり、

教科書を見直すなどの

やり直しが必ず必要になります。

それができてから演習を再開するということが

大切です。

できない問題をいくら演習しても

覚え直すような勉強をしなければ

解けるようにはなりません。

このことを頭に入れながら演習を進めていってもらいたいと思います。

 

だいぶ長くなってきましたので、最後に言いたいことがあります。

皆さんは、今まで色々な苦労をしながら

勉強を続けてきたと思います。

そんな受験勉強も、あと残り五ヶ月ほどで終わりとなります。

共通テストまでは残り84日となります。

長かった受験も残りが短くなってきました。

これは、早く受験勉強を終了できると同時に

あとそれだけの時間しか志望校に向けた

勉強ができないということになります。

そのため、私がいつも言っていることであり

何度も言われたこともあると思いますが

1日1日を大切に勉強を続けてください。

 

今日から毎日、

1日を振り返ってその日全力で努力できた

という日にしていってください。

 

前のことを後悔するのではなく

明日やればいいやと思うのでもなく、

その日できる最大の努力をしてください。

それが毎日できれば

きっと最後に後悔のない受験ができた

と思えるはずです。

受験における後悔は必ずと言っていいほど

残るものです。

ですが、今から頑張ればその後悔なく

受験を終えられると思います。

後悔のない受験を

これを合言葉にこれから勉強をしていってほしいと

私は思います。

 

勉強中失礼しました。