有名難関模試に向けた勉強 | 東進ハイスクール 新浦安校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2021年 5月 24日 有名難関模試に向けた勉強

 

 

こんにちは!

1年担任助手の堀川祐生です。

最近なぜかバドミントン熱が上がりすぎてサークルに入ったのに

部活の頃よりバドミントンをやっています。なんででしょうね。。

 

ところで、

有名難関大模試まで残り6日となりました!

 

おそらく多くの人にとって東進初の記述模試になると思います。

今日はそんな有名難関大模試の勉強法について話していこうと思います!

 

まず

みなさんは有名難関大模試がどのような模試か知っていますか?

おそらくグルミで説明を受けていると思いますが

再度確認しておきましょう!

 

以下の3点が一番の特徴じゃないかなと思います。

 

✅記述式の中で頻出の問題が出題          

✅英・数・国は解説授業あり            

✅準備して復習までやれば 後の第一志望校演習に役立つ

 

各大学で問題の傾向に違いはあるものの、

やはり出やすい問題があります。

有名難関大模試ではそんな問題で構成されているので

さまざまな大学を受ける人にとって

第一志望校の演習をこれからやっていくにあったって良い経験

になると思います。

 

また、今の時期すでに知識がある程度埋まってきていて

問題を解き始めているであろう

英国数には解説授業もついている

ので素晴らしい解説を受けることができます!

 

各大学で出やすい問題を扱っていて難易度も高くなっている

この模試を解いていくにあたって

まず重要なのは

各科目の基礎知識

です。

 

当たり前のことと思われるかもしれませんが

やはり重要なので触れておきます。

基礎を埋めるにあたって必要になるのは

受講高マス、そして4月の共通テスト模試の復習

です!

 

受講高マス5冠がまだ終わっていない人は急いでやりましょう!!

これはこの模試に限らず

これから過去問演習をやっていくにあたって重要になるので

残り一週間じゃできないからいいやなどとは言わず

模試後も含めて頑張ってください!

 

また、4月の模試の復習は終わっていない人は早くやってください。

模試の復習は模試後すぐであればあるほど意味があります!!

 

もうすでに一回やったという人は

復習を通して見えてきた

自分の抜けていた知識を埋めれたか

を確認しましょう!

 

この作業の繰り返しが知識の穴を本番までに埋めるのに重要になります。

 

 

 

 

次に重要なのは

その基礎知識を用いた応用や演習

です。

 

知識は重要ですが知識があるだけでは問題を解くことはできません。

その知識をアウトプットして点数に繋げる練習をしましょう!!

 

 

 

 

そして最後に重要なのは

模試の傾向把握・時間配分設定

です。

 

これはこれから共通テストや二次試験の対策をしていくにあたっても重要

なことなのでこの模試で練習をしておきましょう!

 

今まで共通テストの模試を受けていて

時間があれば解けたのに!! だとか 一つの問題に時間かけすぎた!!

みたいな経験ありませんか??

 

こういうことがあると解けるだけの知識を持っていても

点数はなかなか伸びません。

人によってやり方は違いますが

時間がかからない科目を早めに終わらせて

時間がかかりそうな部分を最後にやる

といった工夫をすることで点数は伸びます。

 

また問題を解く順番を考えたり、模試中に焦らず解いていくためにも

過去問を見ておくことは重要なので

受付の担任助手や担任の人に言って見せてもらってください!

 

 

残り一週間をきりましたが

まだまだやれることはあります!

残り6日間対策頑張ってください!!