日本史が覚えられないよおおお | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2021年 6月 6日 日本史が覚えられないよおおお

 

皆さんこんにちは!

最近やることなすことうまくいきません

担任助手の北野です^ ^

 

今日は

日本史の勉強法

について紹介します!

 

日本史選択の皆さんは

一度はタイトルにあるような悩みを

かかえたことがあるのではないでしょうか?

 

自分自身、日本史を受験で使ったのですが

平安時代の貴族の名前が似すぎててブチギレたり

文化史(特に江戸時代?)が多すぎてブチギレたり

近代以降、政党が変化しすぎてブチギレたり

などなどと

かなり苦しめられていました。

 

そんな自分が編み出した方法は主に二つです。

 

①流れを超意識

なんだそれ当たり前だよと思う人もいるかもしれませんが

これがめちゃくちゃ大事です!!

 

物事には必ず因果関係が存在します。

どうしてその出来事が発生したのか。

誰がどのような動機でその行動を起こしたのか。

 

これを意識して流れを把握することで

格段に日本史の全体像が掴めるようになります。

 

やみくもに単語だけ覚えるのではなく

流れを覚えて、

その流れに単語を当てはめていくイメージです。

 

教科書を読むにしても

最初から全ての単語を覚えようとするのではなく

1回目は流れの把握や意味の理解に重点を置き

2回目で単語を覚える

というイメージです。

 

このやり方を実践してからは

ただ単語だけ追っていた頃よりも記憶が定着しやすくなり

日本史で80点を切ることがなくなりました。

 

②白紙に再現する

 

①の方法に近いのですが、

自分で少しでも不安だなと単元は

白紙に流れや重要単語を書き出して

その内容を自分で説明できるようにしていました。

 

ここまでできるようになるとほとんど死角はない

といっても過言ではないです!

 

またどうしても覚えられない単語やよく間違える漢字も

紙にひたすら書き出していました。

 

以上が自分の日本史勉強法です!

みんながみんなこの方法でうまくいくのかはわかりませんが

是非参考にしてみてください^ ^

 

困ったことがあればなんでも聞いてくださいね( T_T)\(^-^ )