慶應義塾大学理工学部ってどんなとこ?? | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2020年 5月 16日 慶應義塾大学理工学部ってどんなとこ??


こんにちは!

最近実験のレポートに追われている村岡です…

大学がオンライン授業になってから、実験も映像で見るのですが、

実際にやっていない分わからないことも多いし

とにかく課題の量が異常なんです…

理系の皆さんは大学生になったら大量のレポートを書くことになるので、覚悟しといてくださいね(笑)

 

 

さて本日は、私が通っている慶應義塾大学理工学部についてお話しようと思います!!!

 

 

理工学部生は4年間(大学院に進学したら6年間)日吉駅の近くにあるキャンパスに通います!

日吉駅は神奈川県横浜市にある駅で、新浦安駅からだいたい1時間ほどかかります。

日吉にはたくさんの飲食店があってとても素敵な場所です!!(特においしいラーメン屋さんが多くて大好きです…笑)

最初の二年間は文系の人も同じキャンパスに通うので色々な分野に関して学んでいる人と話すことができて楽しいです!!

 

 

慶應の理工学部は少し特殊で、一年生の時は学科に配属されません。

一年生の間は学門A~E(簡単に言うと物理系、情報系、数学系、機械系、化学系みたいな感じ)のどれかに所属し、二年生になってから希望学科に進学します。

そのため、一年生に幅広い分野に関して勉強してから自分が二年生から学ぶ専門分野を決めることができるので、

適切な進路選択ができるという素晴らしい制度です!

(ただし、成績がよくないと希望学科には進学できません!大学生になっても成績は大事なんです…!)

 

 

私は機械工学科という学科に進学しました!

機械工学科では、主に力学を学び、ものづくりをしていきます。

物理が好きな人はぜひ慶應義塾大学の理工学部でどのような研究をしているか調べてみてくださいね!!

 

 

家にいる時間が長いこの時期こそ、自分が将来何をやるか考えるいい機会です!!

自分でしっかり調べ、志作文などを利用して言語化し、勉強のモチベーションも高めていきましょう!!

 

 

それでは、体調には気を付けてくださいね!