佐々木健人が2年前の入試直前にしていた事 | 東進ハイスクール 新浦安校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2021年 2月 6日 佐々木健人が2年前の入試直前にしていた事

 

 

皆さん、ついに一般入試も続々と始まってきましたね!

 

緊張したり、ストレスがたまる時期になると思いますが

同時にここを踏ん張ることができれば、きっと素敵な結果がやってきます!

 

適度な緊張感を大切に、

マイペースに走り抜けましょう!

 

ということで、そんな私の受験準備についてお話しようと思います。

 

試験の前日と当日に分けてお話をしていきます。

あくまでも自分のものなので参考程度に

 

試験の前日では主に今までの総復習をしていました。

新しいことを少し増やすよりも、今まで蓄積してきたことを確認する方が

情報量的に多いなと感じたからです。

 

さらには、一回やった過去問をやり直したりしました。

理由としてはその大学の成功体験を積みたかったからです。

 

初めてやるよりも二回目やる過去問の方がやりやすいのは当然ですよね。

ここで、大学の傾向や解き方の確認もしたりしました。

 

以上のように、前日は復習と自信をつけることに使いました!

 

続いて当日ですが、

必ず第一解答科目の始まる1時間前には試験会場に到着しているようにしました!

 

理由としては直前までの復習などももちろんあるのですが

一番は試験前にトイレに行っておくためです。

 

私は緊張するとおなかが痛くなるタイプだったので

念のために何もなくともトイレに余裕を持っていけるようにしていました。

 

持ち物にも少しこだわりがありました。

まずは昼食ですが、トイレに行く要因にもなるので

あまりおなかにたまらないようなゼリーなどを中心にもっていくようにしました。

 

勉強道具は復習に使えるようなものを広く用意していました。

直前でも不意に忘れたり、気になったりすることがあるからです。

後は試験の間でも最後まで勉強に使うようにしていました。

 

理由は単純明快

後悔したくなかったからです。

 

このように、以上のことを意識して当日も過ごしていました。

 

というように、細かいところにも

「自分なりのこだわり」をもって

皆さんも受験を戦ってほしいと思います!

 

私はいつでも新浦安校から皆さんの成功と充実を祈っています!

 

最後まで一緒に頑張りましょう!

 

それでは