この時期意識していたこと | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2021年 1月 29日 この時期意識していたこと

 

周りがつぎつぎと春休みに突入する中、ぜんぜん春が来ない森です。

さて、今日は【この時期意識していたこと】について話そうと思います。

受験生のこの時期、私はひたすら「千題テスト」のテキストを使って日本史の復習を徹底的にしていました。

皆さんの中では、結構「千題テスト」はといたらおわり!と言う人は多いのではないでしょうか?

侮るなかれ、予想以上にこのテキスト、使えます。

まず、全範囲を網羅しているというところがいいです。

教科書や参考書なども全範囲はもちろん網羅していますが、ここまでコンパクトに、簡潔にまとめられているものはそうないです。

第二に、余白が多いということです。

自分がここが弱い、覚えていないと思う範囲の内容を自分で書き込んで暗記のテキストに仕立てることができます。

私は、日本史選択だったのですが、「一揆」に関する範囲がいつも点を取ることができず、困っていたのですが、

自分で室町から最後まで一揆の一覧表を作って暗記に生かしてました。結果から言えば、めっちゃ使えました。

第三に、自分のレベルによって使い方を変えることができるという点です。

空欄になっているところを完璧に暗記するだけで全受験生の平均点くらいはぜんぜん取れるようになりますが、

それに加えて空欄じゃない所を独自に緑マーカーなどを引いて空欄にすることで細かい知識も取り入れることができます。

思っているよりもこのテキスト、細かいとこまで書いてあります。

 

このようなことをやっていると、あっというまに「千題テスト」のテキストは自分専用のオリジナルテキスト(自分に弱点も分かるし、最低限全範囲網羅している最高のテキスト)が完成します。ちなみに私はこのめちゃくちゃ書き込んだ「千題テスト」のテキストを受験会場に持って行き、最後までこのテキストをみて確認作業をしていました。

覚えるのに役に立つし、何より書き込みの多いテキストを受験会場に持って行くと安心します。

いまからでも全然できるので、今いちど、テキストを復習してはどうでしょうか?