Slump | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2018年 1月 26日 Slump

多摩キャンの風物詩、吹雪

やっと体感したどーもにしおです。

もはやなんも見えない、、、

 

さて。

前回は”運”に関する話でしたが

今回は“スランプ”

に関して話したいと思います。

 

最近はちらほら英語がスランプ、、、

とか現代文が読めなくなりました、、、

などマイナスな言葉が時々聞こえてきます。

でも、実際のところスランプなんて

ないようなものなんです。

 

よーく考えてみれば、たまたま解いた問題が

2回連続で悪かったなどちょっとしたことから

 

あれ?いま自分ってスランプなんじゃ、、、

 

と考え込んでしまうパターンなんかよくあります。

この小さなきっかけから受験生は

負のスパイラルにはまっていきます。

 

①はまらないパターン

あれ?スランプなんじゃ。

原因が何か少しちゃんと見直してみる

もう一度過去問を解く→原因改善→脱出

or→改善できなかった→別の原因を探しつつ演習

→時間はかかれども脱出

 

②よくあるどはまりパターン

あれ?スランプなんじゃ。

不安を解消したいためすぐに次の問題を解く

同じ原因で点数が悪い(それも複数回続く)

あ、何回やっても読めない。スランプだ

メンタルブレイク

 

と、こんな感じがよくあります。

比べるとわかるように一度立ちどまって

原因を冷静に判断してみる人は

連続で失敗したとしてもメンタルが折れにくいです。

 

何も確認せず突き進むと

どつぼにはまることがしばしば、、、

 

なので何か ん? と思うことがあったら

少しでいいです、原因を考えてみてください。

西尾でもそれぐらいはしました。

 

最近焦って、立ちどまる時間はない!

という人もいるかもしれませんが

たまには立ちどまる勇気

を持ってください。

 

例えそれが入試2日前であった

としても恐れないでください。

きっとそのことが本番で何か役に立ちます。

 

本番でもし同じ問題が発生したとき

対処できるできないでは大きな差です。

これはメンタルの安定にもつながります。

 

本番で大事なことは

 

平常心”

 

どれだけ普段通りにこなせるかがカギです。

あと少しだけ自分にムチ打って走り切りましょう!

 

もし、いちいち考えんのめんどくせーよといった

メンタル強者は気にしなくてもかまいません。

 

それでは

 

にしお