心のもちかた!! | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2015年 11月 26日 心のもちかた!!

こんにちは!!

 

本日は寒いのがめっぽう苦手で本当は今日家から出たくなかった 小林 がブログを更新します。

 

いよいよセンター試験本番まで50日を切って

 

「あぁ なんか不安だな~、怖いな~怖いな~」

 

と思っている人が増えていると思われるこの時期、本日は小林が去年どういうことを考えてこの時期を過ごしていたかをお伝えします!!

 

 

といっても、特に意識してやっていたことは2つしかありません。

 

 

まず1つ目は

 

「余計なことを考える時間をなくす」

 

です。

 

自分は受講が残っていた時期(10月末)までは必ず5・7限に受講を入れ、特に意識して勉強量を増やしていました。

 

理由は簡単

「勉強していないと不安になるから」

です。

 

東進だけでなく外部の模試も受験している人は特に成績のことで悩んでいる人が多いかと思いますが

勉強のことに対する不安を取り除くことができる唯一の方法は

「勉強すること」

です。

 

学校でも昼休みまでの1~4限の間に弁当を完食し、昼休みの時間はすべて図書室での勉強にあてていました。

 

不安になることは人間である以上しょうがないことですが、勉強以外の余計なことを考える時間を減らせばおのずと不安は減っていくはずです。

 

 

そして2つ目は特に

「勉強はめちゃくちゃしているけどそれでも不安」

という人によくあてはまります。

 

それは

「根拠のない自信をもつこと」

です。

 

「そんなことかよ」

 

と思われるかもしれませんが、これがかなり大事です。

 

根拠がなくても自信を持っている人と持っていない人の違いを考えてみてください。

 

例えば過去問を解いた後、

仮にできなかった問題があったとしたら

 

自信がない人は

「もしかしたら、自分には無理なのかな」

 

と思ってしまうかもしれません

 

しかし、根拠のない自信を持っていると

「自分が解けなかった問題は他の人も解けないだろう」

 

と考えると思います。

 

実際、全く分からないような問題のほとんどは受験生のほぼ全員が解けないいわゆる「捨て問」であるのです。

 

 

気持ちの問題ではありますが

 

過去問をやるたびに立ち止まってしまう人と前向きに勉強し続ける人では

 

合格する確率も大きく違うと思います。

 

だからこそ僕は「自分なら大丈夫」と思って勉強し続けました。

 

 

それが僕が明治大学に合格できたことに少なからずかかわっていると思っています。

 

是非参考にしてみてくださいね!!!!

過去の記事