水田のラストブログ | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2017年 4月 15日 水田のラストブログ

こんにちは!

新学期が始まり、大学生活を満喫している水田です!

 

さて、突然ですが、

私は、4月28日をもって担任助手を卒業します!

生徒として約1年、

担任助手として1年。

東進で過ごしてきた2年間で、様々な体験をしました。

その中で感じたことや、みなさんに伝えたいことを書きたいと思います。

 

 今、みなさん、特に受験生は、大学受験に対する漠然とした焦りや不安の中にいると思います。

このままで本当に合格できるのか、今からで間に合うのか、

など不安材料は尽きないことでしょう。

そんな時、みなさんに守ってほしいことが三つあります。

 

一つ目は、自分に自信を持つこと

今、このブログを読んでくれている人の中で、

“自分は絶対に第一志望に合格する!”

と声を大にして言える人はいるでしょうか?

おそらく、大半の人が言えないと答えると思います。

それはなぜか。自分の成績や勉強量に自信がないからです。

でも、よく考えてみてください。

今この時点で、不合格が決まっている生徒は一人もいません。

むしろ、みなさんは合格する可能性を大いに秘めています。

可能性を広げていくのか、狭めてしまうのか、それはみなさん次第です。

みなさんに全員に、可能性を広げていく力があると、私は信じています。

みなさんもその力を信じて、最大限出し切ってください。

他人と自分を比較して、自信をなくしてしまうこともあるかもしれません。

そんな時、弱気になってクヨクヨしないで、深呼吸して、すぐ勉強に取り掛かってください。

仲間と競い合うことは大切ですが、

他人を気にしすぎることは、あなたの可能性を狭めていくだけです。

常に前向きに、ポジティブに、強気に。

自分に自信を持って、頑張りぬいてください。

 

二つ目は、第一志望へすがりつくこと

担任助手として受験生を指導している際に、

合否を分けるポイントって、いったいなんだろう、と考えたことがあります。

何が正解かはひとそれぞれだと思いますが、私なりの答えを書きます。

それが、第一志望への執着心です。

何が何でもその大学に合格したいという、強い強い気持ちです。

模試の判定でずっとA判定をとっていても、ずっとランキング上位にいても、落ちてしまう子はいます。

反対に、成績が思うように伸びていなくても、最後見事に合格を勝ち取ってくる子もいます(私もその一人です)。

もし、成績や勉強量で敵わないと思うのなら、

第一志望に合格したい気持ちだけは、誰にも負けないで。

 

そして、三つ目は、最後まで絶対に諦めないこと

これは、私が受験生活、そして担任助手としての経験を通して一番に伝えたいことです。

ありきたりな言葉かもしれないですが、

諦めなければ道は ” 必ず ” 開きます。

諦めなかった人だけに、神様は微笑みます。

諦めなかった経験は、人生において、きっと大きな宝になります。

どうか、最後まで絶対に諦めないで。

 

繰り返しになりますが、みなさんには能力があり、受験することができる恵まれた環境もあります。

あとはみんなが頑張るだけ。

今頑張れば、みんなの将来は大きく変わります。

そして今頑張ることができれば、この先の人生でもきっと頑張ることが出来ます。

今が頑張り時、そして自分の人生を変えるチャンスです。

 いつも応援してくれている人たちへ感謝の気持ちを忘れずに、

最後まで全力で、頑張り抜いてください!

みなさんなら、絶対にできます。

 

長くなりましたが、ここまで読んでくれてありがとう。

みなさんが“合格”という最高のゴールが切れるように、悔いなく受験を終えれるように、心から願っています。

 

モロッコ風ラム肉のみんな、

7人のこぶんのみんな、

今まで本当にありがとう。

君たちの担当になれて、私は本当に幸せでした。

担当じゃなくても仲良くしてくれた、みんなのことが大好きです。

担任助手を卒業してもずっとずっと応援しています。

一年後、みなさんが笑顔で報告してくれるのを待っています。

今まで、本当にありがとうございました!!!

水田彩乃