受験本番で100%力を発揮する方法 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 10月 19日 受験本番で100%力を発揮する方法

こんにちは!

最近寒くなってきましたね

毎日毎日2度寝の誘惑と戦っている武田です

 

最近は担任助手が大学で勉強してることをブログに書いていますが、

自分はこの流れに乗りません笑

 

↓過去のブログ↓

正木担任助手→法学部って・・・

小林担任助手→誰も見たことのないものを生み出す学科

大原担任助手→早稲田大学の面白い授業★

岡本担任助手→これが商学部! 

宮津担任助手→Sophia University faculty of economics

高田担任助手→大学の授業紹介

西田担任助手→大学で頑張っていること!

 

読んでない人は読んでみてください。

 

 

ところで、今日僕が話すことはみなさんの生活習慣についてです。

 

 

夏休みの時には頑張っていた朝型生活は今も続いているでしょうか?

 

 

ズバリ

 

 

学校の授業が始まるまでに勉強時間を確保できていない人は生活を改めるべきです。

 

なぜか?

 

 

答えは単純です。

試験当日は朝早く起きるからです。

試験時間に自分が最も集中できる時間に体内時計をセッティングしておく必要があるからです。

 

 

「試験本番はちゃんと起きる」

と、思っている人こそ要注意です。

 

 

練習は本番のつもりで。本番は練習のつもりで。

 

そういった意識で常日頃から生活しているかどうかが合否を分けます。

 

 

また、本番はプレッシャーを感じてしまいます。

努力した分、志望校への思いが強い分緊張します。

 

その環境で自分の実力を100%以上出すには、

 

常日頃から試験本番を意識した生活ができたか

・過去問を解くときにも音楽を聴いたり、耳栓をしたりしていませんか?

・時間を計って演習してますか?

本番は時間以内に問題を解き、雑音があっても集中してないといけません。

 

胸張れるだけの努力をしてこれたかどうか

・通学時間を無駄にしてないか?

・朝から勉強しているか?

・今の勉強量は最大なのか?

 

 

そういった小さな努力や意識の積み重ねが、試験本番で支えてくれるものになります。

 

 

逆に言えば、

「時間が足りない。。あの時間勉強できたな。。」

なんて思ってしまうかも

 

君を支えるはずだった、自身の努力が不安材料になってしまいます。

 

 

そうならないように自分の生活から見つめ直してみましょう。

 

今ならまだ間に合います。

 

 

センターまでは残り3ヶ月

二次試験が終わるのは大体4ヶ月半

 

全力で頑張りましょう

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。