5教科7科目でセンター8割を超えるための夏の過去問演習法 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 5月 26日 5教科7科目でセンター8割を超えるための夏の過去問演習法

こんにちは。

 

 

武田です。

 

僕からは夏休みのセンター勉強法について教えます。

 

 

 

今日は

①どのくらいやればいいのか

②時間のない人はどうやって時間を確保すればいいのか

を話します。

 

①どのくらいやればいいのか

 

 

ズバリ

 

 

 

 

夏休みが終わるまでに各教科10年✖3周分

 

 

 

 

最低限

 

これは、1日1年分やっても30日かかります

 

「無理じゃね?」

って思った人は最後まで読んでみてください。

 

では、読んでいる人に聞きます

何で無理だと思ったのですか?

 

 

 

 

「部活がある」

「文化祭の準備に行かないといけない」

「講習がある」

「受講がある」

という人

 

僕もほぼ毎日文化祭準備で学校に行ってました。

なので関係ないです。

 

そこで

②時間のない人はどうやって時間を確保すればいいのか

を話します。

 

あくまで僕がやっていた方法です。

 

使う時間は移動時間隙間の時間

 

センターの問題を大問ごとに分けると大問1つあたり10分〜20分

 

英語の大問2(10分が目安)なら解けるんじゃないですか?

 

電車乗ってる時間できるんじゃないですか?

 

僕は

8分 → 乗り換え → 6分 → 乗り換え → 6分

 化学         英語          英語

大門3       大門4半分        大門4半分

  

 

 

というふうに、日ごとに大問を変えて行ってました。

 

電車に乗ってから降りるまでが制限時間

時間との戦いであるセンター試験に有効なんです

 

・電車でケータイをいじっている人

・なんとなく参考書を眺めている人

時間を無駄にしていますよ

 

明日の通学から問題を解いてみましょう!

 

今から始めたら10年✖3周分は絶対できます

 

その際の便利なツールとしてセンター過去問大問別演習講座があります。

 

東進で大問別演習講座をやっている人は

フル活用してください。

 

 

最後まで見てくれてありがとうございました