高36月入学で明治大学総合数理学部に合格できました!! | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 9月 13日 高36月入学で明治大学総合数理学部に合格できました!!

 

こんにちは!!

 

雨ですね・・・

新浦安駅の改札付近は滑りやすいですから

 

登下校はみなさん気をつけてくださいね笑

 

高校時代、雨の日は毎回ローファーが水没していた 小林 です

 

 

さて、今回は僕の受験生時代の志望校対策についてお話ししたいと思います。

 

少し長いですが興味がある人は是非最後まで見てくださいね

 

まずは軽く自己紹介から

 

名前:小林巧

 

出身高校:日本大学習志野高校

 

部活:野球部(7月引退)

 

受験科目:英語・数学ⅠA ⅡB Ⅲ・物理

 

受験時代の志望校:上智大学 理工学部

 

入学大学:明治大学 総合数理学部

 

 

ご覧の通り、僕は 私立理系 志望でした!

また、受験勉強を本格的に始めたのは引退してからの7月でした。

 

なので僕の志望校対策を参考にしていいのは

 

1.私立理系志望の生徒

2.本格的な受験勉強開始が遅れてしまった生徒

3.8月の模試で英語は安定したけど他の科目に不安がある生徒

 

だけですので、くれぐれも気をつけてくださいね

 

 

ではまず

【夏休みを終えてから考えたこと】

についてです

 

夏休み終わりの僕が「やること」として考えたことは大きく分けて3つで

 

「夏休みに詰め切れなかった知識を身につけること」(以下「知識」)

「その知識をアウトプットするための演習」(以下「演習」)

「志望校の過去問演習」(以下「過去問」)

 

です

 

夏休みでの僕は英語に力を入れていて、8月の模試で英語の成績を伸ばすことには成功しましたが

数学や物理に関してはなんとか知識を詰め込んだといった感じで知識の脱けもあり、とても不安定な状態でした

 

僕もみなさんと同じように、この時期から志望校対策講座などを取得し

「受講が増えた」

という状態になりました

 

ここで僕が考えた本番までの全体像は

 

■9月〜10月末

受講を終わらせ「知識」の部分を完璧にし、かつ「演習」も進める

 

■11月

志望校の「過去問」を充実させる

 

■12月

志望校の「過去問」をやりつつ、センターの対策も再開する

 

以上のようなイメージを持っていました

要は逆算で

以下は僕の脳内です

 

「1月にセンターがあるから12月半ばくらいからセンター対策始めないとなー」

「てことは11月はがっつり志望校の過去問やりたいな」

「じゃあ10月末までに受講終わらせて過去問に集中する体制を整えよう!」

 

といった具合です。

これは僕の場合でみんなにとってもこのパターンが良いとは限りませんが

 

重要なのは

「いつまでに何をやる」という

「期限」と「内容」

を明確にすることです。

 

僕が「過去問」の期間をしっかり長く取りたかった理由は

第一志望の「過去問演習講座」が存在しなかったためです

 

なので過去問演習は自分で赤本を買って、全て自力でやる必要がありました

 

実際に自力でやってわかったことですが

当然、難しい内容なので

解答を見て復習しようとしても理解できないことが多く

過去問を始めた当初はなかなかはかどりませんでした

 

そう思うとしっかり過去問の期間を長く取っていたことは幸いだったと思っています

 

ここまでが【夏休みを終えてから考えたこと】です

 

 

次に

【実際にやったこと】

です

 

僕の場合

上に書いたように本格的な受験の開始が7月であったため

圧倒的に時間が足りませんでした

 

境遇が違っても、そういった人は少なくないと思います。

 

友人には、持っている数学の問題集を何周もして

頻出の問題形式をすべて網羅するという人もいました。

 

もちろんそういった勉強法もありますし

ある意味それが「王道」かもしtれませんが

 

その時間がなかったと判断した僕は

 

第一志望や受験予定の大学・学部の過去問の分析に力を入れました。

 

9月の時点で

ひとまず過去問を解きました

 

当然点数は惨敗ですが

 

目的はあくまで

 

「問題傾向を分析」

「集中して勉強するべき分野を明確にする」

 

です。

 

それによって

 

「志望校に合格するための勉強」

 

を明確にできたと思います。

 

 

僕が最近

過去問をやることを恐れている生徒が多い

と感じています。

 

 

皆の目標は

第一志望に合格することなのに

一番重要な過去問を解いてみない時点で

 

スタートに失敗している

 

と僕は思います。

 

 

皆がやるべきことは

 

できる問題ばかり解いて安心感を得ることでも

過去問でいい点数をとることでもなく

 

「志望校に合格するための勉強」をすることです。

 

ゴールとそこまでの道のりを明確にしましょう!!

 

 

今回のブログで書けるところはここまでかなと思います

何か質問があれば気軽に小林に聞いてくださいね

 

過去の記事