高2生のうちにしておくべきこと | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 11月 8日 高2生のうちにしておくべきこと

こんにちは。

もう11月ですね。。

あと2ヶ月もしないうちに1年が終わりますね。。

 

と、そんなことを思いながらブログを書いています。

 

武田です。

 

今日のブログは

・受験勉強を始めている

・受験勉強を始めようかと考えている

そんな高2生は読んでみてください

 

 

 

 

 

 では、受験勉強をやろうと意気込んでいるみんなに

「高2生のうちにしておくべきこと」

を教えたいと思います。

 

 

受験生であることを意識すること

これを、認識していることが大前提となるので、改めて認識してください。

君たちのセンター試験までは1年と少ししかありません。

 覚えなければならない英単語は中学レベルの単語を除いて最低1800は必要です。

早慶レベルになればもっと必要です。

1年は365日しかありません。

きっと受験科目は英語だけじゃなくて、数学や国語、理科社会もあるでしょう。

 

やらなければいけないことがたくさんあることは、わかったと思います。

そこで、次のステップです。

 

 

②英語を受験本番で通用するレベルにする。 

 なぜ英語なのか?

 

・英語が1番伸びにくいから

・将来グローバル化が進むから

・文系理系が決まっているいないに関わらず必要な科目だから 

などいろいろあります。

 

納得した人はそれでいいです。

ただ、自分は今の理由では納得しません。

そこで

長文読解のために

・単語、熟語の暗記

・文法の理解(暗記ではありません。)

が最低条件でさらに

演習を多くこなして始めて点数が上がる科目

と解釈しています。

 

いずれ理科、社会を勉強する上で必ず暗記することはあります。

国語は文の構成から答えを読み解いたり、数学は暗記ではなく、なぜそうなるのかを理解したりする力必要になります。

 

英語を今のうちに本気で勉強することが、のちの他の科目での勉強法に役立つはずです。

 

どのくらい勉強するのか?

部活との両立で多くの時間は取れない人も少なくないと思います。

そこで、、、

 

 

③毎日のノルマを決める

もちろん達成することが重要です。 

ですが、ここで立てるノルマで自身の受験に対する意識がわかります。

 

A君:電車の通学時間に英単語帳を読む

B君:家で1時間勉強する

C君:1日200個英単語を覚える

 

どの生徒が最も意識が高いと思いますか?

 

僕はC君だと思います。

A君もB君も時間をノルマにしていますが、

・机に向かっているが携帯をいじる

 ・単語帳をただ開いて、読んでいるだけで何も全然覚えていない

なんてことになりかねません。

ただ、A君もB君も達成したと勘違いしてしまいます。

その時間分C君に差をつけられていることも知らずに、、、

 

しかし、C君は1日200個覚えられた時、初めて達成感が得られます。

・どうやったら200個覚えられるのか?

・覚えるためには朝と夜の2回に分けてやったほうがいいのかな?

・確認のために毎日単語テストを実施しよう

・前日に覚えたのが忘れないようにするにはどうしたらいいか?

たくさん考えて、自分なりの勉強法が確立されていきます。

 

ここで重要なことは

どうすればいいのか

考えることです。

 

これだけ試行錯誤できる時間は今しかありません。

 

 

 

わかっていても行動に移せない人へ

自分を変えるきっかけにしてください。

クリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓