理系科目は演習量!!! | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2017年 8月 17日 理系科目は演習量!!!

こんにちは!!

中西です。

今回は理系科目を定着する方法について話します。

私からは受験で使用した

数学物理化学

についてお話しします。

あくまで私の話なので参考程度に聞いてください。

まずどの科目にも共通することは

”基礎”

を固めることです。

まず、化学ですが

私はこの時期問題を見てまずどう解いたらいいのかわからなかったし、

勉強法もよくわかりませんでした。

でも受験勉強をして感じたのは

暗記があってその上に演習がある。

あたりまえですが

化学は特に覚えることが山のようにあります。

わたしは受験生のとき真っ白な紙を用意して

自分が知ってる化学の知識を

書き出してみました。

しかし全然ペンが進みませんでした。

そこで、受講の内容はすべて完璧に書き写せるくらい

頑張りました!!

それによって解くのに必要な基礎を固めることができました。

 

そこで私が基礎を固めるために

活用していたものは

センター過去問演習講座

です!!

本試験のほうには

解説授業がついています!

細かく解説してくれるのでとても分かりやすいです。

私が実際にやっていたのは、

時間を計って解く。

解き終わらなかったところを

時間がかかっても解く。

解説授業で分かったとこもわからなかったところも全部見る。

もう一度時間を計って解いてみる。

⑤できなかったところをつぶす。

これで終わった直後は完璧になります。

ここで大事なのは

次やるときに満点取れるようにする。

ということです。

これの積み重ねだと思います。

理解はできているけど実際に問題が解けない。

これはやっぱり演習量が足りないと思います。

実際に自分の力で解けるようになるように

どんどん演習量をふやしてください。

物理と数学に関しては概念理解が大切ですが、

アウトプットしないと解けるようになりません!

夏はまだまだあります。

模試までの残り時間大問別演習を使うなどして

点数をあげよう!!!