法学部で学べること | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 6月 4日 法学部で学べること

こんにちは!!久しぶりのブログの水田です!!

今日は法学部についてお話したいと思います 。

慶應義塾大学法学部は、法律学科と政治学科に分かれており、

私は法曹志望の生徒が多い法律学科に所属しています(通称慶應法法)。

法律学科必修科目は、憲法民法刑法法学法の基礎と、

とにかく法律に関することを学びます!!

そんな私たちが授業で使っているのが、六法全書です!!

六法全書には、法曹になるのに欠かせない知識が詰め込まれており、

弁護士を目指している私にとって、手放せないものです。

ロケットポッポ―という可愛い(?)キャラクターもいるんですよ!!

さて、これまでの話から、

やっぱり法学部って法曹目指す人が行く所なんだなあ、

法律興味ないし俺には関係ないや、って思ったそこのキミ!!

法律学科は、

法律家を育てることだけを目指しているのではありません!!!

司法・行政・ビジネスの現場で、また、日常の生活の中で必要とされる、

社会現象を法律的にとらえる能力=リーガルマインドを育てることを目標としているんです!!

って言っても、よくわからないと思うので、簡単に言うと、

みなさんの日常生活すべてに、法律が関わっているということです。

みなさんは普段あまり意識していないかもしれませんが、法律は何をするにも身近にあります。

一人暮らしの大学生(20)を例にあげてみると、

平日は、大学が終わったらバイトにいき【雇用契約】、帰りにビールをコンビニで買い【売買契約】、借りているマンション【賃貸借契約】に帰るという生活を送り、週末には、親が自動車ローン【消費貸借契約】で買った【売買契約】車で、あるいは友人からタダで一時的に借りた【使用貸借契約】車でどこかに遊びに行く、といった感じです。

【】内の契約は、すべて民法に関するものです。

このように、法律はみなさんの生活に深く関わっているだけでなく、

みなさんの将来の夢にも必ず関わってきます。

なので、まだ志望学部が明確に決まっていない人は、是非法学部を視野に入れてみてください!!

また、慶應義塾大学法学部には政治学科もあり(こっちは慶應法政って略したりします)、

国内外の政治思想や行政学、マスメディア研究など、法学部らしくない内容も学ぶことができ、とても興味深いです。

その他にも、早稲田大学中央大学の法学部はそれぞれ特色があるので、

興味がある人は調べてみてくださいね!!