有名・難関模試の活用法 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2015年 11月 23日 有名・難関模試の活用法

こんにちは!

本日は有名大本番レベル記述模試、難関大本番レベル記述模試が実施されました。

 

もう4回目ですが、どうでしたか?出題形式に慣れましたか?

受験本番のレベルの模試なので、受けて終わりにしてしまってはもったいないです!

 

模試において大切なことは、その出来不出来ではなく、模試の活用方法です。

模試を活用して、次の学習につなげて行きましょう。

 

今回は、そのために模試後にしてほしいことを紹介したいと思います。

 

それは、己分析の徹底です。

模試の「自己分析ノート」をつくるのもおすすめです。

 

あまり出来なかった分野、苦手な分野の問題点を具体的に分析し、

解決策を自分で考えて記入します。

 

具体的な解決策を書く際、

例えば英語で、

復習をしているときにわからない単語だらけだなと感じたときは、

解決策の欄に「単語をやる」と書くのではなく、

 

「もう一度高速マスターセンター英語180012/23のセンター最終模試までに完全修得し直す

 

などのように「何を」、「いつまでに」というようにできるだけ具体的に書くと、

実際に行動に移しやすくなります。

「なぜ」できなかったのか、「どうしたら」できるようになるかなどを

分析することが重要です。

 

模試を受け終わったら、なるべく受けた記憶が残っている

その日中に復習を終わらせましょう!

最新記事一覧

過去の記事