数学計算演習とは | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 6月 12日 数学計算演習とは

 
 
こんにちha!
 
本日のブログを担当させていただく宮津であります。
 
本日は皆様に数学計算演習の
重要性についてお話ししたいと思います。
 
まだ数学計算演習に触れたことがない人もいるかもしれないので
初めに
数学計算演習とは何か
 
 
皆さんが既に完全習得している
センター英単語1800や、センター英熟語750と同様
 
高速基礎マスターシリーズの
数学版として出されているものです。
 
主に
計算問題
を解くものになっています。
 
 
そこで、
生徒の皆さんから
こんなことをよく聞きます。
 
 
 
「計算ばっかりしてても数学はできるようにならない。」
 
「こんなの簡単すぎて自分で勉強したほうがいい。」
 
 
自分も受験生の時には
同じようなことを言っていたかもしれません。。
 
 
私宮津は担任助手になってから、
この数学計算演習の
メリットデ・メリットに気づきました。
 
まず、メリットからお話ししたいとおもいます。
 
 
 
その①計算問題解答の効率化
 
まず1つ目の計算問題解答の
効率化です。
 
効率化の良さに気が付いたのは、
私が受験生の時でした!!
 
それも受験まっただ中の2月でした!!!
 
なぜ効率化の良さに気が付いたかというと、
友達が良く言っていたあの言葉です…
 
 
「あと3分あれば解き終わったのに…」
 
 
自分は昔に公文をやってたのでスピードで困ったことはなかったのですが、
 
友達:「あの問題の解法に気付いたのが試験終了5分前だったんだよね…」
 
宮津:「まじかー(いや、5分あれば解けるでしょ…)」
 
まぁ、こんな感じです。笑
 
 
 
その②センター数学の得点UP
 
 
これは自分が担任助手になって気づいたことです。
特に文系数学選択者に多く見受けられます。
 
「センター数学が時間内に終わらない」
 
その①と少し似ていますが、
 
問題へ最良の角度からアプローチし、
誘導にうまく乗っかることが大事です。
 
 
またこんな資料もあります。
 
その③低学年へのメリット
 
低学年のみなさんにとっては数学2B
など、内容によっては重い範囲もあるでしょう。
 
 
ですが、、、
 
 
そういった未習範囲こそ!!!
 
 
数学計算演習を使って体で覚えてほしいんです!!!
 
*唯一のデメリット
 
センター数学が既に9割を超えている人は、
数学計算演習に時間を取るよりは
他教科に時間を割いたほうがいいと思います。
ですが
苦手範囲のみ
計算演習するのはとても
効率的だと思います!!
 
うまく活用してくださいね☆
 
 
 
この
計算演習が始まる…