担任助手~類まれなる人間関係~ | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2017年 11月 4日 担任助手~類まれなる人間関係~

 
 
 
 
こんにちは田中です
 
 
今回は
 
前回の~比類なき仕事~編が
 
大好評だったため続編をかくことにしました。
 
 
前回は担任助手の仕事とは?
 
 
という内容で投稿しましたが
 
 
今回は田中からの
主観的な視点で書かせていただきます。
 
 
 
 
 
担任助手をやって良かったと思うことは?
 
 
 
 
 
という質問をよくされます。
 
 
 
 
一言で言えば
 
「人間関係の広がり」です。
 
 
 
 
「人間関係の広がり」
 
 
 
 
 
 
 
とはどういう事か?
 
 
 
 
 
 
 
 
東進で働くということは
 
 
 
少なくとも
 
 
 
 
 
同期、
 
 
 
 
 
1個上、2個上の先輩
 
 
 
 
 
 
 
1個下、2個下、3個下、場合によっては4個
 
 
 
 
下の生徒、
 
 
 
 
また保護者、
様々な年齢の社員
 
 
 
 
 
 
 
 
全てと関わる事になります。
しかも、
 
 
 
 
各々に密接な関わりを
 
 
 
持たなくてはなりません。
 
 
 
 
 
 
新浦安校は高1から高3合計しても300人以上いるので、
 
 
 
 
 
新浦安を歩けば生徒に
 
 
 
一人、二人は必ず出会うようになります。
 
 
 
 
 
そもそも、こんなに人数がいる
 
 
校舎はなかなか無いのですが….
 
 
 
 
正直、担任助手をやり始めた時は
みなさん生徒の名前を覚えることは非常に難しかったです。
 
 
 
 
よく来てくれる生徒覚えられるのですが、
週一で来るレアキャラ生徒などは
なかなか覚えられなくて苦労しました。
 
 
 
 
 
 
 
それほど多い人数と接することが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出来るのも担任助手の良い点です。
 
またほかの校舎の担任助手とも
 
 
 
 
 
 
仲良くなる事が出来ます。
担任助手は低学年指導や受験生指導など、
 
 
 
 
 
様々な委員会に配属されるのですが、
 
 
 
 
 
その行動単位はこの近辺の校舎の人達です。
余談ですが、新浦安校は第4ブロックと呼ば
 
 
 
れるブロックに属し、
 
 
 
 
同じブロックの校舎は、
船橋
稲毛海岸
船堀
市川駅前
海浜幕張
西葛西
です。
このブロックという単位で時には協力し、時
 
には競争して切磋琢磨しています。
 
 
 
 
ブロック内での関わりは委員会のみならず、
 
 
 
 
数ヶ月に1回目開催される研修でも
 
 
 
様々な担任助手と接することが出来ます。
 
 
 
色々な大学の担任助手がいるので、
 
 
 
話していると刺激になったり
 
 
 
新しい友達が出来たりと
 
 
良い出会いをすることもできます。
 
また、同じ校舎での担任助手間の仲も非常に
 
 
強固になります。
なぜなら、歳が同じ、
 
 
 
ないしはほぼ近い変わらないメンバーで
 
 
仕事をするわけですから、
 
 
 
チームワークが生まれます。
 
 
大学や、ほかのアルバイトでは
 
 
作れない人間関係を作ることができます。
 
このように、担任助手は様々な人に囲まれ、
 
 
様々な人を支え、支えられ成り立つ仕事なの
 
 
であります。
 
 
 
 
 
それでは。
 
 
 
アディオス
 

最新記事一覧

過去の記事