担任助手から見た受かる人 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2017年 3月 9日 担任助手から見た受かる人

 

みなさんこんにちは!

本日のブログ担当は渡辺です!!

 

今日は2年間の担任助手から感じた

第一志望に受かる人の特徴について

お話しさせていただきます。

(あくまで私から見た特徴です。一般論ではありません。)

 

私の思う合格者の特徴はズバリ

 

①何事も自分で考えられる人

②しっかりと計画を立ててやりきれる人

③夢・目標が定まっている人

 

の3つです。

詳しく話していきます。

 

①何事も自分で考えられる人

 

受験勉強をしていると、

いくらやっても成績が伸びなかったり、

どうしても英語の長文が読めなくなるような

時期があるかもしれません。

 

ですが、

そのようなときこそ

自分でしっかりと自分で考えて

原因を分析してその後につなげる力が

受験においては必ず必要になってきます。

 

いかなる結果にも必ず原因があります。

 

すぐに担任助手や担任に相談するのではなく、

まずは自分で考える力を養っていきましょう。

 

それでもどうしてもわからない時にだけ

私たちを利用してください。

その時は全力で一緒に考えていきます。

 

②しっかりと計画を立ててやりきれる人

 

これは一見当たり前に思えますが、

意外と一番皆さんが

できていないことかもしれません。

 

今年担当していたとある生徒を例にお話しします。

 

その生徒(Nさんとします。)は

当初はほとんど勉強をする際に

計画を立てておらず、

立てていたとしても

ほとんど無視して勉強をしていたため、

いつも行き当たりばったりになっており、

高速基礎マスターの完全修得の

目標の日程などを決めても

遅れてしまうことがほとんどでした。

 

しかし、月の初めに計画を立て、

毎週それにのっとって計画を立てるようになってからは

ほとんど期限から遅れることなく

勉強をやりきることができました。

 

彼女は計画をしっかりとカレンダーに書き込んで

やることとやったことを

目で見てわかる状態にしたことにより、

やるべきことをやり忘れるということが無くなり

やりきることができたと考えています。

 

しっかりとやることとやったことを書き出して

見える状態にすること。

これ本当に大事です。

 

やりましょう。

 

そしてラスト。

③夢・目標が定まっている人

 

今までたくさん書きましたが、

私はこれが一番大事だと思っています。

 

東進生の皆さんは散々校舎でも

言われているからわかっていると思いますが、

改めて言わせていただきます。

 

志望校への明確な動機づけ、

本当の本当に重要です。

 

第一志望が早稲田でその理由が

私立のトップだから

と言っている人、

 

危険ですよ!!!!

 

大学に入って何を勉強して

それをどう将来に生かすのか、

 

学年が上がる前に必ず考えましょう!!

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事