大学受験の「今」とは? | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2017年 3月 8日 大学受験の「今」とは?

こんにちは!

 

暖かい日が増えてきて

花粉症の人がつらい季節になってきましたね

※僕は花粉症ではありません

 

小林 です

 

 

さて、今日は3月8日

 

主要な国立大学では

 

北海道大・九州大・千葉大

 

などの合格発表がありますね

 

 

明日は

 

東北大・大阪大・一橋大・東工大・お茶の水女子大

 

など

 

そして3/10はついに

 

東京大・京都大

 

の発表で

す!!

 

 

当然、後期入試もありますが

今年度の大学受験も「いよいよ大詰め」という時期になってきました!

 

 

つまり、いよいよ受験の主役が

新高3(現高2)へ「移り変わる」時期です

 

 

例えば千葉大志望の人

「ちょうど一年後の今日に自分が合格しているビジョン」

は見えていますか?

 

早慶志望の人

一年後はすでに合否発表が終わっています。

一年後のみなさんは果たして第一志望に合格できていますか?

 

 

来年度の受験はすでに始まっています

 

というのも

来年の受験はさらなる激化が予想されるからです

 

近年での大学入試の傾向は大きく分けて

 

①AO入試・推薦入試枠の増加

②国立大での一般入試枠の縮小

③難関~上位私立大での合格者絞り込み

 

が挙げられます。

 

順を追って説明して行きましょう

 

【①AO入試・推薦入試枠の増加】

 

いま大学受験ではAO入試・推薦入試が多くの大学で取り入れられています。

近年の例だと

 

国立大学では大阪大・横浜国立大でのAO入試導入

早稲田大学での英語4技能入試(これはAOや推薦と少し異なりますが)

 

などが主に挙げられます。

 

「高校の勉強で学ばない技能の部分を評価される入試」

が増えています

 

 

【②国立大での一般入試枠の縮小】

 

①の傾向に伴い、主に国公立大学では一般入試の募集人数が縮小されています。

前期・後期ともに募集人数の削減

あるいは後期募集の停止

など全体的に一般入試での募集枠が削減されています。

 

 

【③難関~上位私立大での合格者絞り込み】

 

②の影響を受け

国立受験者の私立併願が増加傾向にあります

簡単に言うと

「私立専願の受験者の合格人数が減少する」

ということです。

 

特に人気が高い、早慶や明青立法中では

少なくとも受験者数が増加するため、合格倍率が増加すると考えられます。

 

 

以上3つの傾向から

一般受験志望の受験生は

 

早期での受験科目の修了

 

が急務と考えるべきです

簡単に言うと

「国立では募集枠が縮小され」

「私立は難関国立志望の受験生の受験が増える」

わけですから

 

国立志望はセンターを一刻も早く固めること

私立志望はセンターレベルを完璧にし、国立志望に負けない受験科目の学力を目指すこと

 

が必要なわけです

 

現在は高校のテスト期間だと思います

 

終わったらどう勉強するか

次の模試で何点を目指すのか

 

考えている人はいますか?

 

もう一度言います

 

「一年後に自分が志望校に合格しているビジョン」

をもてるくらい勉強して下さい

 

「誰よりも勉強をしている」

と言えるようになって下さい

 

大学受験で戦えるのはそこからですよ