国立理系が社会と国語を勉強するのっていつ? | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2017年 9月 17日 国立理系が社会と国語を勉強するのっていつ?

こんにちは!

武田です。千葉大学は9月中もずっと夏休みでまだまだ休みを堪能中です。

 

今日は、自分がこの時期に何をしていたのかを話そうと思います。

とはいえ、東進に通っていると、

『過去問演習・二次対策』

これが言われることだと思います。

 

英語・数学・理科はやることが明確になってます。

ただ、国立志望にとって

『いつ』社会や国語を勉強するのか?

と思いませんか?

 

 

 

自分を例にします。

≪時期≫

国語:10月から

社会;10月末から

 

≪内容≫

国語:古文or漢文の大問別演習を1日1つ解く

現代文よりも古典分野の方が点が伸びやすいので、そちらを優先的に行いました。

社会:教科書を読む→センターの大問別演習をやりまくる。

教科書をとりあえず読みました。日が経つにつれてどんどん忘れていきますが、問題演習をやりながら

「そういえば、そうだった。」

という感覚を何回も実感しながら覚えていきました。

 

暗記も苦手。現代文はセンスが無い。現状を把握し、1点でも多く稼ぐことを心がけました。

結果的にとてもうまくいきました。

次に

現状のレベルで分けてお話しします。

※東工大など二次試験に比重のある大学は例外です。

①英語・数学・理科が二次試験対策ができるレベル

国語:9月中に開始

社会:10月中旬開始

くらいでいいと思います。莫大な量をまとめてやるよりもコツコツと重ねる方がよいので、できる限り早く始めることをお勧めします。

ただ、それでメインの理系学習がおろそかになるならやめた方が良いと思います。

 

②英・数・理科のいずれか二次試験対策ができないレベル

国語:10月中

社会:11月末

優先順位はまず英・数・理科

それらを9月中に上げきることが優先的に行うべきです。

 

③英・数・理科が二次試験対策ができないレベル

国語:いつか

社会:いつか

国語・社会のことは忘れて、しっかりと理系科目を上げきりましょう!

上げきってから考えるべきです。

 

時間は全員平等にある中で、国立を目指すのであれば、科目数が壁になります。

何をどの時期に始めるのか?

しっかり考えて残り期間を過ごしましょう!