受験における「壁」を乗り越える、1つの方法 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 6月 6日 受験における「壁」を乗り越える、1つの方法

 

んにちは、黒須です

今回は
『最速で「壁」を乗り越える方法』
についてお伝えします

受験生にとって
乗り越えないといけない
壁がいくつか存在しているのは

前回のブログで話しました

この壁は、全受験生が
ぶつかっているもので
この壁を乗り越えるかどうかが
受験で成功するかどうかを左右します

自分も、生徒をみていて
「お、壁にぶつかってるな」
という印象をよく持ちます

英語が6割7割から
なかなか伸びないですとか

数学が8割とれるように
ならないですとか

そういうところに
壁があるんですよね

この壁を乗り越えるのに
時間がかかると

純粋に他の科目の
勉強時間が減って
最後あたふたしたまま
受験にいくことになってしまいます

英語も中途半端なのに
数学も中途半端・・・
理社なんてほとんど
自信がない・・・

そんな状態で
センター試験が開始します

試験時間も
「嫌なイメージ」ばかりで
緊張しっぱなし
手はずっと震えてる

これは自分の知り合いの話です

受験において
いや、もっと言えば

これまで、部活をずっとやっていて
夜8時からしか勉強していなかった人が

絶対に合格するぞと決心して
最短の時間で勉強効率を最大にするために

この「壁」を最速で
乗り越える方法が必要です

 

壁を乗り越えた人間

そのために、あなたが
しなくてはいけないこと

それは
「壁を乗り越えた人を
真似すること」

これだけです

東進では、自分で考えて
勉強することを勧めてますよね

それはもちろん続けてください

要は
「人の意見を丸呑みにするのではなく
自分の頭で考えて

「達成した人の真似」
するのが最善と考えて実行する」

これが大事なんです

壁を乗り越える前と
壁を乗り越えた後では

感覚が異なります

あなたが勉強できる人に
質問をした時

自分には全くわからなかった内容が
相手には速攻でわかる

そんな経験ありませんか?

要は、根本から変わっているんです

そのため、あなたも
根本から変化する必要があります

そのために
その思考を変えるために

とにかく「真似」をしてください

これは、モデリングという
名前のついている手法です

気をつけなくてはいけないのは
100%真似をするということです

その人がやっていたことから
取捨選択をしないこと

これが大事です

簡単なステップをお伝えします

Step1

今ぶつかっている壁を明確にする

Step2

その壁を乗り越えたであろう人を
想像する

Step3

その人に連絡を取る

Step4

「何をやってたのか」を聞く
※意見をもらうではありません

アドバイスをもらうと
いろいろ脚色されている
可能性があります

「簡単」という表現が
やたら出てくる時は
要注意ですね

壁を最短で乗り越えて
模試から結果を残していきましょう

このブログを読み終わった人は

今すぐ
自分のスケジュール帳の予定に

「自分の壁は何か」を書き出す

と加えておいてください

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました