勉強が続かないたった1つの原因 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 5月 11日 勉強が続かないたった1つの原因

 

こんにちは、黒須です

 

今日は、5月になって

新学期に慣れ始めたところで

「勉強を続ける方法」

をお伝えします

 

 

今日は朝から夜まで

勉強しようと思っていたのに

気づいたら何もしないうちに夜になってた

そんな経験はありませんか

 

 

部活が終わったら、宿題をやろうと思っていたのに

家に帰ったら遊んでしまった

 

 

これを解決する方法です

 

 

勉強が続けて出来るようになれば

勉強時間を確実に確保できる

宿題に困って友達の協力を借りる必要もなくなる

夜にSNSをやっていても罪悪感がなくなる

 

 

そして、勉強時間が確保できれば

当然、成績が上がってくる

友達から勉強を教えて欲しいと言われる

部活と勉強の両立ができてる「すごい人」と思われる

 

 

などなど、特典はたくさんあります

 

 

逆に、勉強を続けられないと

ダラダラと1日を無駄に過ごす日が多くなる

3年生になっても悪習慣が残ってしまう

試験前にめちゃくちゃ焦ることになる

 

 

高校2年生の人は

今のうちから生活を

変えていきましょう

 

なぜ、勉強がつづかない?

 

さて、あなたは

何故勉強を続けてやることが出来ないのか

 

 

それは、人間の習性にあります

 

 

僕もそうでしたが

朝起きてから昼ごはんを食べるまでは

結構勉強が続くんです

 

「今日はいい感じだな」

 

 

と思いながら勉強を進めています

そして、昼ご飯を食べた後

 

「こんだけやってるから、1時間だけ休憩するか」

 

といって、休みます

 

 

これが、罠です

 

その後

昼寝をするなり

SNSを見るなり

マンガを読むなり

 

とにかく、勉強に戻ってこれない

「そろそろ、始めないとな・・・」

と思いながら、ダラダラと

時間をすり減らしていきます

 

 

長距離走が苦手な人にとって

一度走った後に、休憩して、また走る

これはとてつもなく難しい

 

それと同じことが起きています

 

「休まない」こと

 

今のうちから意識してほしいのは

「ゼロインターバルスタディ」

です

 

これは、勉強すると決めた日は

休憩時間も用意せず

100%勉強に充てる方法です

 

 

「そんなの無理・・・」

と思うでしょうか

 

 

高校2年生のうちは

毎日実践しなくても大丈夫です

 

 

いわば

本気でダッシュする日と

流す日を

使い分けて下さい

 

 

例えば、今

1日4時間の勉強を1週間続けているとします

合計28時間ですね

 

 

それを「ゼロインターバルスタディ」を意識して

3日間10時間勉強したとします

これだけで合計30時間の勉強量を確保できます

 

 

7日間のうち3日だけ本気でやればいいなら

できそうではないでしょうか

 

 

実は、人間は

100%はできるけど

99%はできないんです

 

 

「中途半端に頑張る」

というのは、人間には無理なんです

 

逆に100%の力を充てるのは

意外と簡単です

 

 

高校3年生の夏になると

必要に迫られて、100%勉強に充てることになります

これ、意外とできてしまう人が多いんです

 

 

ですが、高校2年生で

このブログを読んでくれているあなたは

今のうちから習慣をつけることで

 

 

来年の4月に

他の人と尋常じゃないほどのをつけて

スタートを切ることが出来ます

 

 

100%を使うことを意識してください

99%は無理です

 

「ゼロインターバルスタディ」を実践する

 

 

今すぐ、スケジュール帳を取り出してください

 

1.「ゼロインターバルスタディ」を実践する日を決める

 

2.実践する日の予定に書き込む

 

3.身近な人(友達、担任助手)に

「〇〇日は本気で勉強する」

と宣言する

 

100%勉強に充てることで

逆に他の日の休憩時間も確保できる

1週間の勉強量は増える

勉強が苦に感じなくなる

 

すると、自然と成績が上がります

 

どうしても、集中できないという人は

土日の朝から閉館まで

東進新浦安校に来ましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

過去の記事