全統を受ける意味は?(池内) | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2015年 9月 29日 全統を受ける意味は?(池内)

 

 

 

こんにちは!
今週のブログ担当の池内です!

2日目のブログテーマは…
「全統を受ける意味は?」です

それは以下の5つの答えが
まず言えると思います。

①センター試験の形式に慣れる
…センター試験のようなマーク式の試験は「慣れる」ことで大きな効果があります!
模試は緊張感と厳格な時間制限の中でできるのでさらに◎なんです!

②試験会場の雰囲気を知る
…例えば「隣の人の貧乏ゆすりで集中できなかった」「室温が高すぎるor低すぎる」など試験会場ではなにが起こるかわかりません。
絶対何かが起きるだろう」くらいの心持ちで受けることが動揺しないためには大切です(^^)

③【重要】普段勉強していることを
     アウトプットできるか確認する
…「あれ?この前はできたのに…」なんてこと、試験問題を前にすると起きたりしませんか?
模試は自分の知識の曖昧さ気づけるいい機会なんです(^^)
普段から試験本番を意識して勉強していきましょう♪

④【最重要】自分の弱点を知り、
     その後の勉強に活かす
…模試を受け終わったときに「英語ができた」「数学ができなかった」などの簡単な分析で終わらせてませんか?

できなかった部分をできるようにするには具体的に何をしなければいけないか決めてみましょう。

そのための模試と言っても過言ではありません。

 

⑤短期目標にする

 …受験本番は1年後、2年後という人が多いと思いますが、そんな長期間モチベーションを保ち続けることは大変だと思います。

模試は定期的にあるので、「模試に向けて頑張るか!」とやる気をキープする大切なペースメーカーの役割を果たします。

 

 

 

 

模試は長い時間かかるし、

なかなか前向きな気持ちで受けようと

思えないかもしれません(^^;

 

しかし、ちゃんと受ける意味を認識して

受ければ必ず得るものがある。

それが模試です(^^)

 

頑張っていきましょう♪

▼全国統一高校生テストをお申込み希望の方▼

下の画像をクリック!

 

 

 

▼東進生へ▼

校舎では全統に向けてプレ模試というものを

開催しています!

日時は10/12(月)・18(日)17時~の

2回です(^^)

随時参加を受け付けているので

参加希望の人は私たちに声をかけて下さい♪

 

 

新浦安校担任助手 池内萌