世界史の受講、どうしてる? | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

2015年 11月 9日 世界史の受講、どうしてる?

こんにちは!!

 最近ますます寒くなってきましたね~  

つい昨日京都から帰ってきた(紅葉きれいだった!)

大原です(^^)/

 

さて

私が世界史が得意だったのは(自称)

みなさんも昔のブログみていただけていたら覚えているかな?

センター本番で満点だったお♡

 

私は受験生時代、斎藤整先生の

ハイレベル世界史の通史・現代史・文化史・テーマ史

を、受けていました。

 

早稲田や慶應、上智なかにはマーチを受ける人でも

この講座をとっている人は多いですよね。

 

では、同じ授業を受けているのになぜ得意不得意がでるのか?

私は

その授業を受けたあと、テキストをどう活用して復習しているかの違いだと思います。

 

私自身はテキストの授業は一通り受講したあと現代史はほとんど記憶に残っていなかったのでもう一周受講しました。

 

また、すべての冊子の太線・年号・人物名(小文字もふくめ)・地名に

緑ペンをひき、赤シートでかくして毎日何度も音読していました。

 

合計で何周したか覚えてないくらいです。笑

夏明けから一日で2コマぶん進めていました。

そのときにテキストだけではもちろん早慶は届きません。

 

テキストをメインに復習しますが

資料集・用語集・一問一答

の4点セットを常備してました。

 

その結果、ほんとにテキストはボロボロで何度もテープで補強したほどです。笑

資料集は表紙がありません。笑

 

でもそのおかげで同じ受験生の子に世界史を教えたり、聞かれたら瞬時にこたえられるようになりました。

 

私自身も当時は自分よりできている人がたくさんいると思っていました。

だから自分の天井を決めてはいけません。

 まだできるまだまだ・・・・

 

とプラスに考えて知識を蓄えていきましょう☆

(自撮り・・・ ごめんなさい