ガチガチのがち。 | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2018年 1月 24日 ガチガチのがち。

 

こんにちは!^_^

 

寒いのは大嫌いだけども

雪は大好き

テンションマックスでした

和氣です。

 

 

さてさて。

 

 

さかのぼること2017年2月19日…

 

絶対受かるだろうと思っていたところ

(高3の7月まで第一志望だった大学)も落ち、

最後の受験校の試験も終え、

一般で挑んだ学校は全滅、

唯一センター利用で合格した

すべりどめが1校あるだけ、

という状況でした。

 

 

妥協したくなくて、

絶対受かるだろうと思っていたところ

(高3の7月まで第一志望だった大学)

後期試験も受けることに。

 

 

後期試験は2月27日。

後期は英語と現古漢のみだったので、

予定の一般入試がすべて終わった19日から

日本史は捨てて、

約1週間、ひたっすら古文漢文やってました。

もちろん英語も今まで続けてきたことを

引き続きやっていましたが、とにかく古文漢文。

 

愛用の漢文の参考書、その1週間で4周はしました。

ゴロゴの565単語を毎日1周してました。

 

見るのも嫌だった古漢を信じられないくらい勉強して

とにかく勉強しすぎて、飽きるほどでした。

 

 

実はこの1週間って、私大組はもうほとんど残っていなくて。

国立の試験日なんて、校舎にいるのは自分以外は全員高1高2生。

毎日のように合格電話がかかってきて、

おめでとうが飛び交う校舎。

まわりも受験が終わって遊んでいる子ばかり。

 

これってかなり精神的にやられます。

自分私文なのになんでこんな時期まで勉強してんだろって

今思えば毎日音読室で泣いてた1週間でした。

 

 

 

結果、40人中7人の枠で合格しました。

今はそこに通っていて、学びたいこと学べてます。

 

 

 

 

何が言いたいかっていうと、

最後まであきらめないって大事です。本当に。

 

 

つらくて情けなくて死にたくなるような1週間だったけど

最後までやりきってよかったなって

心から強く思いました。

 

 

そんな思いをした身だからこそ、

みなさんには最後まで諦めてほしくないです。

 

 

もちろん前期で受かりゃあいい話、

ぜひ前期で受かって解放されてください。

 

 

ただ結果がどうであれ、

妥協する受験にはしてほしくないです。

 

 

 

受付前にあるホワイトボード。

私もひとこと書かせていただいてます。

 

 

 

 

あきらめない人が勝ちます。これはガチ。

 

ガチガチのがちです。

 

 

がんばれ受験生!

 

 

私事をつらつらと失礼いたしました

長文ごめんなさい