たくさん悩みました、、、だから受かりました! | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 8月 4日 たくさん悩みました、、、だから受かりました!

こんにちは 

武田です

 

 

 

今日は自分の失敗談について話したいと思います。

 

 

どんな失敗かというと

 

「勉強法の失敗です」

 

 

自分は受験生時代、何度も成果に繋がらない勉強法をしてました。

 

実は

僕が初めて英語で8割超えたのは高3の12月の模試なんです。

 

高3に入る前に高マスの上級英単語まで終わってて

 

夏休み前にはとっくに受講も終わっていたのにですよ笑

 

それで結果が出たのはセンター試験本番前最後の模試

 

それまで何をしても点数は上がりませんでした。

 

むしろ下がる一方で、10月には高3で最低点を取りました

 

その度に勉強方法を修正したり、結果が出るのを信じて続けたり

 

とにかく悩みました。

 

もしかしたらそれだけで何百時間も損したかもしれません

 

でも、他の担任助手もそういう期間が絶対あったと思います。

 

 

ただその時間があったからこそ合格を勝ち取れたと思います。

 

なぜなら自分に合った暗記方法や勉強法がわかってから一気に成果が出たからです。

 

そしてそれは大いなる自信になりました。

 

だからこそ僕は、12月の模試から1月の本番前の約3週間で120点近く点数を伸ばすことができたと思います。

 

 

今成果が出なくて悩んでいる人

 

 

最近のブログでは様々な担任助手が勉強法を紹介していますよね

(過去のブログを見てね)

 

 

それらは受験を1度経験した人たちが感じた彼らなりの勉強方法です。

 

成功した勉強法です。

 

 

 

じゃあ、それをすれば第一志望に受かるのか

そういうわけではありません

 

 

誰かに勉強の仕方を教えてもらい、その通りにやって受かったらみんな受かります

 

 

以前のブログでも言いましたが

 

大学受験で合格を勝ち取る

 

ということは、高倍率の中で上位になる必要があります。

 

平均ではダメなんです

 

言われたことだけをやることは、他の平均の人と並走していることと変わりません。

 

もちろん担任助手のやり方を真似することはいいことです。

 

 

しかし

ただやることでは伸びませんよ。

 

何を意識して、どんな成果を得るための勉強なのか

 

理解して行うからこそ意味があります。

 

その勉強法が何の地強いを得るための勉強なのか考えてください。

 

 

現状で成果が出てない人は悩んでください。

 

・ただテキストを眺めていることに意味はあるのか?

 

・公式の丸暗記に意味はあるのか?

 

・なんで英単語、熟語、文法ができるようになっても点数が伸びないのか?

 

受験本番前に困らないように今のうちに考えておくべきです

 

悩んで悩んで、それでもわからなかったら

 

担任助手に聞いてください。相談に乗ります

 

残りの夏休み、他の誰よりも量だけでなく質にもこだわった

内容の濃い受験勉強にしましょう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました