あけあけましておめでとうございます | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2018年 1月 2日 あけあけましておめでとうございます

おはようございます。

新年二発めのブログを任された、田中でございます。

 

 

 

ところで

一富士二鷹三なすびという

初夢に見たら縁起がいいと

言われるものあるじゃないですか。

あれに続きがあるのをご存知でしょうか?

 

…あれ?これ昨日と同じやつじゃね?

 

そう思ったあなた、鋭い

でも待ってください。

これと同じことを一週間後、ブログにのっけたとしましょう。

 

その時きっと、あなたは、

「アーこれ前に聞いたことあるな

 

と思うかも知れませんが

 

いつだったかは思い出せないと思います。

 

こんな感じで人の記憶ってあいまいですよね。

 

丸暗記したことって、人間に必要じゃないことが多いので、

 

長期的な記憶にはならないんです。

 

その出来事にとんでもなく悲しかったり、嬉しかったりした場合は別ですが、

 

日常に必要じゃないことの大半は忘れながら生きています。

 

昔、大好きだったドラマを10年後に

一話から十二話まで見たとします。

断片的な記憶は残っているけれど

ストーリーの始まりと終わりしか思い出せないと思います。

 

どのような過程で物語が進んでいるのかは10年間で

さっぱり忘れてしまうのが人間です。

 

なぜこのような話をしたのかというと

いま、みんな受験生は、

一生忘れることの無い物語の過程にいるということを

認識してほしいからです。

みんなが今していることは

目標に向けて精一杯努力をするということです。

 

大学生になってタナカが思うことは

精一杯努力をする機会って本当に少ないんだなということです

高校生の頃は部活に勉強に遊びに、、、、

 

すべてに全力で取り組めていたのに

 

大学生になるとただただ遊んでしまう人も多くいます。

思い返してみると

手前味噌で申し訳ないですが

部活を10月までやって受験勉強を

部活引退後全力でできた自分は本当に輝いていたなと思います。

みなさんが努力しているのは

一目瞭然です。

「だがしかし!

まだまだ足りない!もっとやれ!」

 

 

なんておこがましいことは今日は言いません。

 

みなさんは全力で目標に向かって努力して、

 

悔しくて泣いたり、

 

点数が上がって喜んだり、

 

志望校で悩んだり、

 

いろんな顔を四月から今まで見せてくれました。

 

そんな姿を見て

普段ひねくれ者のタナカでさえ

みなさんのことをかっこいいと思ってしまいました。

 

先ほど述べたように

人のどうでもいい記憶はすぐに消えてしまいます。

ですが、人生で一度か二度しかない

 

「全力で目標に向かう」という出来事は、

 

始まりも終わりも過程も何もかも忘れることはないと思います。

 

とんでもなく苦しくて、どうしようもなく悲しくて、

 

そして嬉しさを味わえる日々はもう後数カ月しか 残っていません。

 

この日々がみなさんの一生の思い出になることを祈っています。

それでは

アディオス!