【高校1,2年生向け】英語の成績が伸びない人へ | 東進ハイスクール新浦安校|千葉県

ブログ

2016年 12月 24日 【高校1,2年生向け】英語の成績が伸びない人へ

こんにちは

 

本日のブログ担当の磯貝です。

 

今日は12月24日

クリスマスイブですね。

新浦安校はそんな聖なる日でも

たくさんの生徒が登校して勉強してくれて

パソコン席が埋まったりすることもありました!!

明日も引き続き登校して勉強頑張りましょうね(・_・;)

 

大学受験で英語の勉強を始めるときに

単語、熟語、文法などの基礎の勉強からすると思います。

もちろんそれはその通りだと思います。

ただ、それをしたから成績が上がるかと聞かれたら

イエスとは言えません

一番大切なものは

演習です。

 

演習の時間は基礎の時間よりも重要です。

 

延々とインプットをしている人がいますが

受験は単語テストや熟語テストではありません

バスケで言えばシュート練習だけをしているようなものです。

 

覚えた知識はしっかりつかってやりましょう。

 

大学受験の入試問題を作っている人は

たくさん単語を知っていたり熟語を知っていたりする知識量が豊富な人を欲しているのではなく

その豊富な知識を使って読解や文法問題に活かす能力が豊富な人を欲しています。

 

実際に大学受験の問題も知識量を増やしただけでは解けないレベルになっています。

(センター試験問題は基礎的問題だから解ける場合もあります)

 

演習の時間を多くとったものが受験に勝ちます。

そして演習の効率を上げるために

低学年のみなさんは今のうちに

必要な基礎知識をたくさんインプットしておきましょう。

 

演習に移ったのにわからない単語のインプットに

時間を費やされていてはもったいなくはありませんか?

 

私には熟語のインプットがおろそかになっていて

入試2ヶ月前からやり直した経験があります

 

その経験から言わせてもらうと

すごく時間がもったいない。

 

みなさんは万全の状態で演習にうつってください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。